ホーム > 買い物・名産品

ミルクショップ知多農場

健康なジャージー牛から採れた濃厚な牛乳、そしてその極上な牛乳を材料としたお料理やお菓子が楽しめます。

こんにちは、知多半島ナビです。「牛のいるカフェ」をご紹介します。市販の牛乳は「ホルスタイン」という種類の牛がほとんどです。「ジャージー牛」はホルスタインほどの乳量が採れないので一般的ではありませんが、実は味は濃厚で甘みもたっぷり。愛情たっぷりに育てられたジャージー牛たちからの恵みを是非ご賞味下さい。

早速、牛乳とスイーツをご紹介します。

ホットミルクをいただきました。 乳脂肪は4.8%もあります。ほんのり甘い香りがして、一口飲んだら「あれ?少しお砂糖が入っているのかな?」と思うほどに甘く濃厚。

68℃で30分の殺菌をしているそうです。
いわゆる低温殺菌なので、風味が損なわれることなく豊かな香りを楽しめました。

私はホットでいただきましたが、もちろん冷たい牛乳もあります。
サイズも80ml、200ml、350mlと選べるのがうれしい!


「美味しい牛乳」があるところに「美味しいソフトクリーム」ありです。もちろん、一年中大人気。こちらは「いちごパフェ」です。
季節に合わせていろいろなフルーツのパフェが登場するそうですよ。

いちごも艶々で美味しいものでした。
いちごのソースは自家製のものです。ソフトクリームにぴったりの酸味と甘みが絶妙!
店内で販売されているこのクッキーがトッピングされています。これ、サクサクでオススメです。

定番の「ショートケーキ」から「マロンのケーキ」までショーケースからいくつか出して見せていただきました。チーズケーキも食べる前から濃厚なのがわかります。
「濃厚プリン」はレンジで少し温めるとひと味アップするとか。もちろん、やってみました。香りが復活してホッとする甘さが広がります。
定番の「シュークリーム」も大人気。生クリームの中食べ進めていくとカスタードに出会えました。こんなにクリームたっぷりでもあっさりしています。
「ミルクプリン」はあっさりとしたプリンの上に濃厚な生クリーム層が重なっています。 私のお気に入りです。


ソフトクリームは冬でも人気商品ですが、お客様が食べた後の感想で「まるで濃い牛乳を飲んだあとのように後味がすっきりとしているのは何故ですか?」と聞かれることがあるそうです。
その答えは…「ソフトクリーム」は脱脂粉乳や植物性油脂を入れているのが一般ですが、こちらは乳成分100%の自家のジャージー牛と生クリームだけから作っています。なんとも言えない滑らかな溶け心地はたっぷりの生クリームから生まれています。そして、何度も何度も試行錯誤を繰り返しました…つまり、やっとたどり着いた美味しさなのですね。 確かに、濃厚でありながら食べた後のすっきり感が不思議でしたがお話を聞いて納得です。

さて、次は焼き菓子のご紹介をしましょう。
使用される牛乳はもちろん農場のジャージー牛のものですが、その他のタマゴや小麦粉にも安全と美味しさのこだわりがありました。タマゴは地元花井養鶏場の名古屋コーチン(ブランド名:ごんのたまご)を使用。小麦粉も愛知県産のものです。
その他、季節のフルーツ(イチジク、ブルーベリー、ブドウなど)も大府産のものを使用、地産地消ですね。


こちらは「大府市お土産推奨品」として認定されている、厳選された原材料から作られている「大府の小さな小さな農場バタークッキー」。かわいい挿絵は地元大府の女子学生作家さんの絵です。
しっとりとして食べやすいと大人気「ミルクマドレーヌ」です。みかんが入っていますが、こちらも地元大府産みかんで作ったマーマレードが使用されています。季節によって自然薯の赤ちゃん(むかご)入りの「子宝マドレーヌ」、梅酒の梅入り「梅マドレーヌ」、菜の花油入りの「菜の花マドレーヌ」など旬の味覚が入ります。お楽しみに。
クッキーやマドレーヌなどの焼き菓子の種類もたくさんありました。
ハート形が可愛い「ミルクサブレ」。

お腹が空いた時には、こちらのメニューがおすすめ!
「名物ドリア」と言われるだけあって、ドリアファンがたくさんいるそうです。
もちろん、ミルクたっぷりです。

こちらは「きのこドリア」のセット(750円、単品450円)です。
写真からも香りが漂ってくるようなドリアです。ファンがたくさんいるのも納得。
きのこももちろん地元の松原農園産のもの。ヒラタケやシイタケが使用されていて、ジューシーだと1番人気です。
ホワイトソースに使用されている「脱脂乳」は牛乳から生クリームを加工する時に出るものです。当然、牛乳よりもカロリーが控えめなので女性にはうれしいメニュー。
カロリー控えめなのに1食で250gの乳製品が摂取できるそうです。これは、成人女性1日分。必要な栄養を摂りながらダイエットにも気を使うことが出来て、その上美味しい!一石3鳥?のハッピーメニューでしょう。

この他に「クリーミーミルクドリア」や「チキンカレードリア」などの魅力的なメニューもありました。


「スペシャルパンケーキセット」(700円)です。ご自慢のソフトクリームはもちろん、生クリームやフルーツもたっぷり。
米粉パンを使用した「ホットドッグ」のセット。(650円、単品350円) 米粉パンは温めると美味しいそうです。中のソーセージは「ファーマーズマーケット・ブリオ」さんのものです。(ジャパンナビで紹介していますので、ご覧ください。)

いよいよ噂の「ジャージー牛」さんたちをご紹介しましょう。
どんなに愛情たっぷりに育てられているのかよくわかります。美味しいミルクは牛たちからの恩返しでしょうか。

こちらの牛たちは本当に人懐こくて茶目っ気たっぷり。
牛の歯って下にしかないってご存知でしたか?下はぎっしり平らな歯があるのに、上には無いのですよ。私、知りませんでした!
愛情の証、ブラッシングがしっかりされているのでとても毛並が良くて艶やかです。 
人間の姿を見つけるとノロノロではなくて馬のように突進して近づいてきます。一緒に遊んで~と甘えてきます。可愛いくて大人でもちょっとテンション上がります。
小さなお子様が干し草を差し出している可愛いところを見かけました。 牛の性格が温厚でストレスがないからこそ安心して小さな子が近くにいられます。


こんなに広くて手入れの行き届いた場所で家族同然の愛情を込めて飼育されているので牛たちが心も体も健康になるのがよくわかりました。

現在は9頭のジャージー牛がいます。そのうち4頭が牛乳を出す母牛。 産前2か月前から出産後3週間は産休になりますが、毎日美味しい牛乳や加工品をいただけるのは農場のみなさんへの牛たちからの恩返しなのかなぁなんて思えました。

実は、こちらの農場は歴史があり明治24年に旧成田牧場として創業されました。一時閉鎖されていましたが平成23年に再開、ミルクショップを併設して今に至ります。


ミルクショップのご案内をしましょう。

外から見たところです。
壁には「大切な家族」の写真が貼ってあります。
カウンターも三席ほどありました。 こちらからは目の前に牛たちを見ることができる癒しスポットです。
お食事やスイーツを楽しみながら仲間とおしゃべりに花が咲くテーブル席です。

やっぱり、せっかく来たからには牛乳そのものを味わってみたいと思いませんか?サイズはいろいろでダイエット中の方には低脂肪牛乳もあります。栄養価はそのままで低カロリーってありがたい…。
お試しサイズで味見できるヨーグルトがありました。
大切なことは大きく貼ってあります。
ご自慢のソフトクリームです。
ジュースやジャム、石鹸など興味深いものが入り口付近にあります。お土産にしたら喜ばれそうですね。

歴史を感じる建物が現存しています。時間の流れがゆっくりと感じられる場所でした。

昭和初期の建物「ミルクハウス」。 色などの修復はされているものの、歴史を感じます。
2時間100円でこちらのレトロな空間を借りることもできるそうです。ミルクショップのスイーツなどを時間が止まったような空間の中で、お仲間と楽しんではいかがでしょう。

入り口をオープンにしてみると、素敵な空間が広がっていました。勉強会、女子会、なんでも落ち着いて出来そうな空間です。
時計もレトロ感いっぱい。 タイムスリップしたようです。
昔懐かしいレコードプレーヤーがあります。もちろん、レコードをかけることが出来ます。
カウンターからは牛たちがよく見えます。 真ん中のテーブルでは楽しいおしゃべりをお楽しみ下さい。

最後に、牛さんたちの「お母さん」をご紹介しましょう。

こちらが「ミルクショップ知多農場」社長さんの山本さんです。牛たちも山本さんの顔を見ると嬉しそうに近づいてきます。写真の牛も甘えているのがわかるでしょう。
牧場の仕事は山本さんのお姉さまが中心にされているそうです。姉妹で協力してこれからも元気な可愛い牛さんたちを育てて下さい。 

知多半島をロードバイクで回る人が増えています。比較的平面が多く、ところどころの自然に触れて気持ち良く走れるのでしょうね。ただ、ロードバイクは普通の自転車の様にスタンドが付いていないので駐輪に困ることもあります。
そこで今、ロードバイクスタンドを半島にある飲食店、ショップなどの協力をいただいて設置する活動がされています。

今回、こちらのミルクショップ知多農場さんにもスタンドが設置されたのでその様子を載せておきます。

是非、ご利用下さい。



赤いのぼりが目印となっています。
安心して休憩して下さい。美味しいスイーツ、ランチも楽しんでいって下さいね。

以上、知多半島ナビでした。


名称ミルクショップ知多農場
ひらがな読みみるくしょっぷちたのうじょう
住所愛知県大府市大府町ウド92-278
ホームページhttp://www.milkshopchitanojo.jp/
電話番号0562-85-5642
FAX 0562-85-5642
営業時間10:00~18:00(テイクアウトは19:00まで)
休日水曜日、木曜日(祝祭日営業) 
駐車場約13台
タグその他
行き方(詳細)車の場合/知多半島道路大府ICを下車、右折し国道155線を大府市街方面へ。半月町1丁目西交差点を左折、暫く直進してウド交差点すぐ東側。
電車の場合/JR大府駅からタクシーで10分
行き方知多半島道路大府ICを下車、右折し国道155線を大府市街へ。半月町1丁目西交差点を左折、暫く直進でウド交差点すぐ東側。
  • GoogleMap




関連コンテンツ


ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

TakaoMi ( 2016-04-20 12:38:58 )

3月に友人の合格祝いで行きました。実は私の憧れのミルクショップさんだったのです。私達はカウンター席に座り、目の前の可愛い牛さん達を眺めて、ミルクドリアやソフトクリームを頂きました。とても美味しくて、冷凍ドリアを家用に購入しました。友人の家は非常に遠いのですが、私はまた是非お伺いしたいと思っています。ミルクショップさん、最高でした。またお伺いしますので、よろしくお願いします<m(__)m>







  • サイクリング
  • EDIT