ホーム > 体験

NTPマリーナりんくう

海風が心地よい、絶好のロケーションにあるマリーナ。

こんにちは知多半島ナビです。今回紹介するのはNTPマリーナりんくう。NTPとは名古屋トヨペットの略称でもありますが、NTP(ナイス・トゥ・ピープル)を掲げ、“人に素敵な事を届ける”事を目指した地元の自動車ディーラーが運営しているマリーナです。このマリーナは常滑りんくうビーチの隣で抜群のロケーションです。一般の方にも公園の一部として開放されており、多くの方の憩いの場となっています。

マリーナとは船の保管や整備、販売や免許の受講、給油や休憩などマリンレジャーの拠点となる場所のことです。NTPマリーナりんくうには最新の設備や充実の施設があり、メンバーやボートオーナーにきめ細かいサービスを提供しています。


メンバー専用のゲストハウスを少し紹介します。

ゲストハウス1Fの休憩ルーム。窓の外にはデッキがあり、そこから見えるボートの係留場はメンバー専用の保管バースになっています。

こちらは2Fのパーティルーム。約220㎡の広さです。
カッシーナのテーブルとアルマーニのソファ。
簡単な調理ができるアイランドキッチン。
サイドボードにはバカラのグラスがずらり。

疲れを癒すジャグジーもあります。
仮眠がとれるゲストスイート。

どうですか、素敵な空間でしょう。ただし一般の方は利用できません、利用できるのはボートオーナーとマリンクラブ会員だけです。マリンクラブの年会費は1口20万円からあり、詳しい内容に興味のある方は、トヨタマリンクラブTEL.0569-35-7820までお問い合せいただくか、NTPマリーナりんくうのHPをご覧ください。


一般の方も利用できるスペースはこちら。

このテラス席は自由に使えます。海を眺めながらお弁当をいただくことも可能です。奥に見えるのはマリーナハウス。

マリーナハウス内は休憩所になっています。
窓の外は海が一望できます。
広めのゆったり座れるソファーです。
NTPマリーナりんくうの模型もありました。

無料のウォーターサーバーがあります。
ここは「りんくう・とこなめ海の駅」と呼ばれる施設です。

マリーナハウスのデッキチェアも気持ちいいです。
奥に見える塔は中部国際空港セントレアの管制塔。

こちらは海に浮かぶ海上レスト。ここで海とボートを眺めながら寛ぐこともできます。

マリンプラザではショッピングもできます。

マリンプラザにあるマリンショップ「muta MARINE」。全国展開しているバッグや時計販売のmutaのマリンショップです。

ウェアをはじめ様々なマリングッズが販売されています。
右奥にはギャラリーとして道具などが展示されています。
トローリング用の釣り竿やルアーなどが並んでいます。
カジキの剥製のオブジェの向こうに見えるのはヘミングウェイ。

マリンプラザではボートの展示販売やボート免許のセミナーも開催しています。

いかがですか、メンバーでなくても楽しめる場所がたくさんあります。マリーナの営業時間内は出入り自由ですから、公園感覚で散歩したりもできます。


チャーターすればボートそのものも楽しめます。

ボートも免許もなくてもチャータして楽しむことはできます。例えば中部国際空港セントレアを一周する1時間を体験してみました。

桟橋を渡りボートに乗り込みます。
今回乗ったのはTOYOTA PONAM37、37フィートの15人乗りのプレジャーボートです。
1階キャビンの様子。地下と2階があります。
乗船後は必ず救命胴衣を着用。

操船は主にFB(フライブリッジ)の操縦席で行います。体験操船ができる機会もあります。
ロープを解いてさあ出発です。

この日は波も穏やか、スピードを出して快走です。

中部国際空港セントレアが見えてきました。
空港西側の海域から見えるセントレア。
離着陸の様子を海上から見ることができます。
さらに移動して北側の誘導灯の下に来ました。

誘導灯に沿って着陸してくる旅客機がこの角度で眺められます。

あっという間に真上を通過します。
スピードが速すぎてうまく画面に捉えられませんでした。
そして空港滑走路へ着陸していきます。
海上空港ならではの、とにかく圧巻の光景です。

帰りは知多半島と空港を繋ぐセントレアラインの下をくぐって戻ります。
約1時間のクルージングを満喫しました。

チャータークルーズは予約制で、今回の37フィートクラスで1時間1艇あたり7〜8万円が目安です。多人数で利用すれば一人当たりお値打ちに利用できます。日間賀島までのクルージングですと、片道1時間20分で往復20〜40万円くらいになります。船上パーティや釣りなど目的や内容によって料金は変わりますので、NTPマリーナりんくうにご相談ください。

NTPマリーナりんくうでは、もっと手頃な料金でセントレアのスポットクルージングが楽しめるプランを準備中です。予約なしで当日ふらっと乗船できるようになる日も遠くないようです。


ボートオーナーにも魅力のマリーナ。

保管バースは45フィートクラスから70フィートクラスまで、最大35艇係留保管が可能。給水や給電などの設備、セキュリティも万全です。
陸上保管ヤードは15,000㎡の広大なスペースに26フィート〜45フィートクラスまで、ボートやヨットなど150艇の保管が可能です。
ホイストクレーンは20tと60tのツーウェイ方式。60tのクレーンは中部圏トップクラス。給油スタンドも6基が設置されています。
青い建物は大型艇4艇を同時収容できるサービスセンター。メンテナンスから修理、加工・塗装などプロの整備技術が生かされています。

まだまだ進化する常滑りんくうエリア。

NTPマリーナりんくうのあるこの常滑りんくうエリアは現在も発展中の地域です。大型商業施設やホテル・マンションなどの開発が進められている場所。今後、人気スポットになるのは間違いありません。



いかがでしたか、NTPマリーナりんくう。ボートオーナーはもちろん、一般の方も楽しめるマリーナです。みなさんもぜひ一度遊びに来ませんか、のんびり寛げますよ。 知多半島ナビでした。


名称NTPマリーナりんくう
ひらがな読みえぬてぃーぴーまりーなりんくう
住所愛知県常滑市りんくう町3-6-1
ホームページhttps://www.ntp.co.jp/marina/rinku/
電話番号0569-35-7200
営業時間夏期9:00〜18:00 冬期9:00〜17:00
休日火曜日 
駐車場202台(24時間1,000円で最初の1時間は無料)
タグ家族向け | カップル向け | 子供参加可能 | 釣り | クルージング
クレジットカードVISA | Master | JCB | Amex | Diners
行き方(詳細)車で/知多半島道路「半田中央JCT」から知多横断道路へ、常滑ICを出て「常滑インター入口」の信号を右折、名鉄常滑駅を通り過ぎ、市役所西の信号を左折、道なりに進むと到着。約8分。
電車で/名鉄常滑線「りんくう常滑駅」から南へ400m。約5分。
行き方名鉄常滑線「りんくう常滑駅」から南へ400m。
  • GoogleMap




関連コンテンツ


ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

まだクチコミはありません。







  • サイクリング
  • EDIT