ホーム > 買い物・名産品

丸初製菓本舗

創業120年の伝統和菓子と知多半島スイーツの現代和菓子。

こんにちは知多半島ナビです。半田市で120年続く和菓子の老舗「丸初製菓本舗」をご紹介します。半田のおみやげとして定番の「ちんとろ最中」から、知多半島を中心に地元のフルーツを使った大福まで、お年寄りから若い世代まで広く愛されている老舗和菓子店です。※値段は2015年9月のものです。

JR半田駅から歩いてすぐの銀座本町2丁目交差点、ここを中心に南北に商店が並び、かつては半田の中心的な商店街でした。明治26年からこの場所にある丸初製菓本舗は、今なお変わらず営業している老舗和菓子店です。


餡は伝統製法をそのままに、北海道産の最上級小豆を使用し、手間ひまを惜しまずに炊き上げた自家製餡です。そしてその餡を包む羽二重餅は、創業時から続く職人の技で何度も何度も丁寧に練り上げられます。
さらに知多半島や県内の果物農家と契約し、新鮮なフルーツを取り入れるなど、昔ながらの伝統的な和菓子から現代風にアレンジした和菓子まで、常にお客様のニーズにあわせた喜んでいただける商品を提供しています。

季節の新鮮なフルーツが入った大福が大人気。

この時期は「いちご大福」一個250円(税別)と「みかん大福」一個250円(税別)が店頭に並びます。どちらも県内の契約農家から届く旬なフルーツが入っています。生の状態での全国発送もしていて、いちご大福は5月まで、みかん大福は3月までの期間限定商品です。

いちご大福に使われているいちごは、半田市内ではいちご狩りでも有名な「市野園芸」のあきひめ。4L〜5Lの超特大サイズのいちごは、朝摘みの新鮮な甘味たっぷりです。
餡は北海道産の小豆を使ったつぶあん。伝統の羽二重餅に特大いちごとともに包み込まれ、絶妙な仕上がり。いちご本来の味や食感と伝統的な大福の味が同時に楽しめます。
みかん大福に使われているみかんは、蒲郡や三ヶ日など愛知県内のみかん生産農家のみかん。とにかく実が詰まっていて皮が柔らかいみかんを選び、余分な水分を除き甘味たっぷりです。
餡はやさしい甘さの白あん。みかんの風味が生きてる羽二重餅にくるまれ、ぎっしり詰まったみかんとのバランスが抜群。みかんのみずみずしさも保たれ、ジューシーな大福です。

「いちご大福」「みかん大福」の他にも「ぶどう大福」「いちじく大福」などがあり、それぞれ季節のフルーツと大福の味が楽しめる期間限定の人気商品です。その日の朝に採れた新鮮なフルーツを使用するため、数量に限りがあります。あらかじめ電話かFAXで予約することをおすすめします。


契約農家から朝切りの最高級大粒ぶどう「藤稔」(ふじみのり)を使用したぶどう大福。丹念に皮がむかれたまるごと1粒をぶどう餡で包んだジューシーな大福。7月〜10月の期間限定商品です、
知多半島・美浜の契約農家から太陽を一杯にあびた朝摘みいちじくを使用したいちじく大福。独特のプチプチ感と甘さをそのままいちじく餡で包んだ大福。8月〜10月の期間限定商品です、

地元半田ゆかりのオリジナル商品も人気。

童話「ごんぎつね」で有名な童話作家の新美南吉は半田出身です。そのごんぎつねをモチーフにした饅頭が「南吉の黄ごん芋」。餡にさつまいもを使用し、シナモン(桂皮)を使った皮で包み黄金色に焼き上げた饅頭です。


熟練の職人さんたちの手で作られる「南吉の黄ごん芋」は、半田銘菓推奨品に選ばれた逸品です。今回はその製造工程を見学させていただきました。


さつまいもの餡をシナモンの皮で包んで形を整えます。
さすがです、全部同じ大きさで揃っています。
きれいに丸く仕上がった饅頭を2つに切ります。

中にはさつまいもの餡がぎっしり詰まっています。
丹念に卵黄などを塗り、きれいな黄金色にします。
あとはオーブンでじっくり焼き上げていきます。

そして焼き上がった状態がこちら、できたてはまだふっくらしています。日本茶、コーヒー、紅茶と何にでも合い飽きのこないほんのりとしたさつまいもの甘さです。こちらの商品は新美南吉記念館でも購入できます。1個150円(税別)で、6個入1,050円(税別)、8個入1,350円(税別)、10個入1,650円(税別)の箱入りもあります。


他にも半田にある中埜酒造の黒酢梅酒を使った「黒酢梅酒ゼリー」があり、梅がまるまる1粒入った、血液サラサラ効果が話題のカラダにやさしいゼリーです。3個袋入630円(税別)6個カゴ入り1,380円(税別)、9個箱入2,000円(税別)、12個箱入2,600円(税別)、15個箱入3,250円(税別)があります。



多くの提灯で飾り付けられた舟が半田運河を航行する古くからの祭り「ちんとろ祭り」。その「ちんとろ祭り」にちなんだ「ちんとろ最中」はこのお店の代表的銘菓です。愛知県知事賞を受賞した半田名物になっています。ちんとろ最中(小豆・抹茶)1個130円(税別)、10個箱入1,450円(税別)、15個箱入2,100円(税別)、20個箱入2,800円(税別)、25個箱入3,450円(税別)があります。

丸初製菓本舗といえば紅白の赤飯饅頭。

高級餅米を使用した赤飯を薯蕷饅頭(じょよまんじゅう)の生地で包み、上級ソフトマロンをのせた珍しい「赤飯まんじゅう」。特にお祝い事の折に縁起物として紅白で利用されるなど、丸初製菓本舗の特製饅頭で人気商品です。1個170円(税別)、10個箱入1,850円(税別)、15個箱入2,700円(税別)、20個箱入3,600円(税別)です。

赤飯饅頭は有名で、多くの雑誌やテレビなどでも紹介せれている商品です。
中に赤飯が入った甘くない饅頭、店頭の品はよく売り切れますので予約をおすすめします。

定番の和菓子から若者向けの商品まで。

丸初製菓本舗では昔ながらの和菓子の他、若い人に向けた商品も考案しています。他にも結婚式に利用される練りものや、お祝いに食べられる赤飯も注文に応じて製造販売しています。


瑞穂1,500円(税別)
※写真は消費税5%時のものです。
摘み花2,000(税別)
※写真は消費税5%時のものです。
高級袋菓子320円(税別)
※写真は消費税5%時のものです。

お祝い時の練り物も承っています。詳しくは店舗にお問い合せください。
栗むし羊かん900(税別)
※写真は消費税5%時のものです。
料金は変更されています、店舗にお問い合せください。※写真は消費税5%時のものです。

バレンタイン用に生チョコを羽二重餅で包んだ「ちょこもち」は1個100円(税別)。
栗きんとんで作られた「モンブラン大福」は1個380円(税別)。

「ぷるぷる葛プリン」は1個280円(税別)。最高級の国産本葛を使用し、卵を一切使わず、高級きな粉と黒糖を混ぜた、とても低カロリーでヘルシーな体に優しい、特製和風プリンです。抹茶味もあり、アレルギーのあるお子様にも安心なプリンです。


店内には季節を愛でる飾り付けがあり、楽しい空間です。

この時期、立派なひな人形が飾られていました。こちらの女将さんが子供の頃からあるもので、珍しい七段の御殿飾り。一番上の段が御殿になっていてお内裏様とおひな様を合わせて五体の人形が飾られています。

こちらが女将さん、明るく気さくな人柄の方です。
昭和30年代の物で綺麗に保存されています。
もちろん、ひなあられも販売しています。
ひな祭りの次は、端午の節句の飾り付けに変わります。

取材中もお客様が次々とやって来ます。
お話好きの楽しい方で、人気者の女将さんです。

最後にお店の方全員で記念撮影させていただきました。アットホームな雰囲気が伝わって来て、地元に愛され続けて来た和菓子屋さんというのがよくわかります。



いかがでしたでしょうか、まだまだ紹介していない商品もたくさんあります。ぜひ半田にお越しの際は、老舗「丸初製菓本舗」にお立ち寄りください。 知多半島ナビでした。


名称丸初製菓本舗
ひらがな読みまるはつせいかほんぽ
住所愛知県半田市本町7-20
ホームページhttp://maruhatsu.jp/
電話番号0569-21-0391
FAX0569-21-1590
営業時間8:30〜19:00
休日火曜日 
駐車場あり(2台)
タグ名鉄・JR | 繁華街 | ご当地名物・特産品 | お土産品
行き方(詳細)電車で/JR武豊線「半田」駅を出て左方向へ、道なりに右に曲がって最初の信号「銀座本町2丁目」を左折、次の信号「本町7丁目」の角にあります。
車で/知多半島道路「半田中央IC」を出て県道265号を右折、岩滑西町の信号を右斜め方向へ、柊町3丁目東交差点を左折し国道247号へ、本町1丁目交差点を右折、2つめの信号「本町7丁目」の角にあります。約10分。
行き方JR武豊線「半田」駅徒歩5分
  • GoogleMap




関連コンテンツ


ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

kamikami ( 2014-05-21 11:05:46 )

おカミさんの人柄が最高です。いちご大福も最高です。







  • サイクリング
  • EDIT