ホーム > 買い物・名産品

鶴家吉祥

国産の上質な材料にこだわった美しい和菓子の数々。お土産や贈り物も種類が豊富です。

こんにちは、知多半島ナビです。お菓子作りで間もなく半世紀を迎える程、長い間地元で愛されている和菓子屋さんをご紹介します。日本の四季を目、味、香りで楽しめるお菓子がたくさんあります。

「日本の四季」が感じられる美しい和菓子がたくさんあります。

春の香りがあたり一面に漂ってきました。
見た目でも春を感じます。
こちらは、ちょっと大人の三色だんごといった感じでしょうか、「桜だんご」です。
こちらもキレイなうぐいす色が心がほっこり。
その名も「うぐいす餅」。
表面にお花が咲いたような可愛い御菓子です。

愛知県の定番おやつ「鬼まんじゅう」はさすがに大人気。懐かしいお味です。
大きな豆がゴロゴロ入った「豆大福」とヨモギの香りがたまらない「よもぎ大福」。
「三色だんご」、たまに何故か食べたくなるんですよね。日本人だなぁ。

季節ものですが、大府の「茜園」さんのいちごを使った「いちご大福」です。 いちごの甘さと酸っぱさが絶妙で、いちご大福好きの中でも評判の一品。粒あんといちごのバランスなのか、食べた後がサッパリとしていていくつでも食べられそうな美味しさです。「茜園」さんの情報はジャパンナビで紹介していますのでご覧ください。

こちらがお店の看板商品の「よこどりまんじゅう」です。
刻まれた栗の粒が程よい歯触りで楽しめます。
そして、この外の皮がまた良い!しっとりした食感で、ふわふわした食感。黒糖がやさしく効いています。

観光みやげ推奨品として大府市観光協会のお墨付き。

「よこどりまんじゅう」って面白いネーミングの由来は「美味しいので、人が食べる分も横取りして食べたくなる…。」ということからついたとか。
食べるときには「横取り」されないように気を付けてくださいね。


生菓子の他にも興味深いものがたくさん置いてあります。

玉露、深蒸し茶、特上煎茶と和菓子にぴったりなお茶も揃っています。
お抹茶もありました。興味はあるんだけど、道具がなくて…という方にも茶筅もありますのでご一緒にどうぞ。
おまんじゅうに合いますよ。
甘い和菓子のあとに少し辛いものが欲しくなりますよね。醤油、塩などの素朴なせんべいやあられなどが並んでいます。
こんなに種類があるんです。スーパーなどでは売っていない品物もあります。

深谷産の生ねぎが使用されている「ねぎみそ」というおせんべいを見つけました。美味しそう~。
こちらはその「ねぎみそ」の割れたものがお値打ちに袋詰めされたもの。
味が浸みています。
「こげ煎」は小さなお子様もご年配の方にも人気の商品です。


お土産にしたい「箱詰め」も大きさ、お値段、種類が豊富でした。
左の写真の「巨峰もなか」は、こちらも地元大府市観光協会のお墨付き。
巨峰の形がとてもかわいくて、お土産に持っていくと喜ばれます。


和菓子ばかりでなく、洋菓子もおいてありました。
ラム酒漬けのマロンが香り高い「ラムマロン」。
こちらは、サクサクの「ガレット」。バターが香ります。
外がパリッとして中がモッチリしている「アマンド」。
ケーキ屋さんにも負けないようなシュークリーム。本格的なシュークリームにまさか和菓子屋さんで出会えるなんてびっくり!

お菓子を作り始めて間もなく半世紀になろうとしているそうですが、隣接した工場で丁寧に作っているからこそ、どの商品の説明をうかがっても店長さんの「商品に対する愛情」と「自信」のようなものが伝わりました。
餡子に使用している小豆は有名な「十勝小豆」。その他の材料も国産の上質なものにこだわっています。
甘みを上品にすると防腐剤などを使用しがちですが、お客様の健康を考えて防腐剤などの使用も控えているとか。
食の安全、安心をきちんと考えてくれているお店でした。

ちなみに、「よこどりまんじゅう」などはイオン、マックスバリュ、ヤマナカなどの大手スーパーにも置いてあります。


お店の様子をご覧ください。明るく素敵な「店長さん」が笑顔で迎えてくれます。

お土産を包んでもらう間や、注文の待ち時間のある時などに休めるように椅子が置いてあります。小さな心遣いがうれしい。
ショーケースの中にはお土産の箱詰めがたくさん。そして、上にはずらっと季節感にあふれる和菓子が並んでいます。
観葉植物などが所々に置いてある店内の様子。
広々としています。
窓の外は「国道155線」なので車がひっきりなしに走っていますが、音などは気にならないようになっていました。


こちらは笑顔が素敵な店長さん。
店長さんも毎日工場へ顔を出して、商品を作るお手伝いをしているそうです。
商品について尋ねると、丁寧に教えて下さいました。

おまんじゅうを買いに来て、店長さんの笑顔を見ると疲れも吹っ飛んでしまいます。
是非、一度会いに行ってみてはいかがでしょう。


赤い鶴のマークと大きな看板が目印。
知多半島道路の大府東海ICを降りてすぐの国道沿いなので分かりやすい場所です。

こちらが、お隣にある工場です。
この中で美味しい御菓子がどんどん作られているのですね。

和菓子には日本の美しい四季をみることが出来ます。
「小さな芸術作品」ですよね。
日本人に生まれてよかったと思えるような和菓子を目と舌とで味わってみて下さい。

以上、知多半島ナビでした。


名称鶴家吉祥
ひらがな読みつるやきっしょう
住所愛知県大府市吉川町6-21
電話番号0562-48-8012
営業時間9:00~18:00
休日火曜日 
駐車場6台
タグご当地名物・特産品 | お土産品
行き方(詳細)電車の場合/JR大府駅よりタクシーで10分。
車の場合/知多半島道路大府IC下車、左折して国道155線沿いすぐ左手。
行き方車の場合/知多半島道路大府IC下車、左折して国道155線沿いすぐ左手。
  • GoogleMap




関連コンテンツ


ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

まだクチコミはありません。







  • サイクリング
  • EDIT