ホーム > グルメ

寿司料理 戎

知多前のお寿司がお値打ちに楽しめるお店。

こんにちは知多半島ナビです。今回は半田で地元の味が楽しめる、本格寿司のお店「戎(えびす)」さんを紹介します。ネタや酢、醤油はもちろん、器も常滑焼を使った知多半島のお寿司がいただけるお店です。店内に価格表示がありませんが、3,000円(税込)あれば楽しめる安心のお寿司屋さんです。 なお、こちらのお店は、童話作家の新美南吉の記念館(新美南吉記念館)や彼岸花が百万本以上咲くという「ごんの秋祭り」の土手にも近いので、そちらへ寄った際にもぜひ。

醍醐味はカウンターでいただく本格握り。

お寿司屋さんで食事をするなら、絶対にカウンターがおすすめです。こちらのお店では、大将が自ら目利きして選んだ知多半島の新鮮な魚貝、酢、味噌、醤油、海苔まで知多半島産のお寿司がいただけます。ネタもさることながらシャリが全然違います。回転寿司では絶対に味わえない旨さが楽しめます。


シャリを人肌に保つためにこちらのお店では木桶で蒸しています。お酢は地元半田のミツカン特醸優撰を使用。
空気を含みながら素早く握る手さばきは熟練の技。

お寿司が一番美味しいのは出されたこの瞬間。
時間が経つ程シャリが冷めて固くなりますから、すぐに食べてください。

こちらの醤油は半田のお隣、武豊カクトウ醸造の醤油。
カウンターのガリは、お店で漬けて切って出されます。

あがりは静岡産の抹茶入り粉茶、コクがあって美味しいお茶です。
こちらのお店では常連になると、お客様のお箸をキープしてもらえ、ご自宅のように寛いだ食事が堪能できます。

お寿司は時価で、値段が書いてありません。でも心配ありません、予算を言えばその範囲で美味しく食べさせてくれます。3,000円もあれば十分楽しめます。
ネタのケースを見ながら気軽に大将に相談してください。美味しく食べてもらうためなら気持ちよく応えてくれます。旬なネタや美味しい食べ方なども聞けますよ。

旬の魚介がいただけるお造りは常滑焼の器で。


マグロ、イカ、サバ、赤貝、ホタテのお造りは1,600円(税込)。器は半田のお隣の常滑焼のお皿です。



これらは常滑焼の器で、常滑焼の窯元のひとつ「山七窯」の作品です。
名鉄常滑線の常滑駅から徒歩3分の「窯元 山七窯」のお店で購入できます。

おまかせなら12貫ついて2,700円~3,300円(税込)で本格握りが楽しめます。

握り12貫に鉄火巻きがついて2,700円~3,300円(税込)でいただけるメニューもあります。この日はマグロ、イカ、イクラ、数の子、海老、ヒラメ、ホタテ、赤貝、タコ、玉子、穴子の12貫に鉄火巻きでしたが、時期やその日の仕入れにより内容は変わります。

同じセットもカウンターなら一貫づつ美味しい順番で出てきます。
せっかくならカウンターで握りたてをいただいてください。

カウンターと3つの座敷がある「寿司料理 戎」

8名が座れるカウンターの前にはその日の新鮮なネタがずらり。

大将はこの店の二代目、先代からの暖簾を守り続けています。
若い頃は日本料理の修行もしていた大将の手さばきは見事です。

カウンターのほかにも、掘りごたつや、こどもでも安心の座敷があります。そちらもご紹介します。


カウンターのすぐ後ろには、4人掛けの掘りごたつが二席あります。
こじんまりとした4名の座敷。
16名が座れる座敷は2部屋にも分けられます。

明け広げると、20名が入れるお座敷に。
額の下には半田市のお祭りの写真が。
凧が飾り付けられています。元気をもらいますね。

営業時間が夜へシフトチェンジ。ゆったり、まったりと過ごせる空間へ♪こちらのお店、実はメニューがすごいんです!その中から「あなごすし」を!とにかく見て下さい。↓


↑これ、一人分です。私アナゴ大好きなのですが、このあなごには絶句しました。大将に聞くと、まずはその日にさばいて一度煮て、それを身のほうだけを焼いてから握るのだそう。その丁寧な工程加減の絶妙さが、味にきちんと表現されています。たれは甘め。これがまた、合うのです♪
ほぼ毎日、早朝に市に仕入れ(河岸/かし、というのだそうです。知多半島ナビ、初めて知りました!)に行くのだそうです。その場での大将のお眼鏡にかなったものだけがこのお店に並びます。

あと、女性はみんな大好きだと思いますが、サラダがあります!お寿司屋さんでサラダがたっぷりいただけるのって、珍しいし、嬉しいですよね?男性もお野菜採れるのはありがたいですよね?そしてこのドレッシング、お料理を邪魔しないように、わざとオイルを極力抜いているそうです。この気づかいは「料理人さんならでは」の気持ちですね。こちら↓


こちらは「グリーンサラダ」600円です。満足の野菜たっぷり。しかも少し、生ハム入っています。こだわりのドレッシング納得♪
こちらは「生ハムサラダ」700円。ええ、生ハムたくさん盛り付けられていますね。塩加減も大変美味しかったです。

←左は大将の手書きメニューです。とーっても豊富。

他にも、お話を伺って驚いたのが「ラ―メン(650円)」「パスタ(600円)」「知多牛丼(800円)」などなど。「焼豚(500円)」に至っては、自家製です!

お寿司屋さんの概念が変わりそうです。こういうメニュ-の提供は、私たちに敷居の高いお寿司屋さんから、みんなでお邪魔できるお寿司屋さん。へ変えてくれますね♪(^-^)


ほかにも「寿司料理 戎」では仕出し弁当も承っています。

こちらのお店ではお好みに応じた仕出し弁当も手掛けています。
一人前2,200円(税込)からで、5個以上からの予約になります。

回らないお寿司屋さんって、敷居が高いような気持になりがちですが、ググっと身近になりましたよね?(^-^)最後にチラッと道案内とお店の外観を。昼と夜で雰囲気も変わります♪

名鉄「半田口」駅で下車。西へ向かってください。一つ目の信号を左に折れるとここまで来れます。
ここのサイクリング店を右に入って行くと、ほら奥にみえてきますね?「戎」という看板が。あそこです。

夜になるとまた、雰囲気も変わってしっとりとします。
こういう灯りって、どこかホッとしますよね♪疲れた夜には特に癒されます。

半田でも人気の「寿司料理 戎」、先代の技と味を継承しながらも若い感性を取り入れ続けているお店です。半田の酒造メーカー中埜酒造の「国盛」をはじめ、お酒も各種揃っています。本格握り寿司ながら決して高くて入りにくいお店ではありません。気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

半田市はミツカン酢があり、江戸前寿司の元となった粕酢の発祥地でもあります。その半田にあるお寿司屋さんで、回転寿司では味わえない本当の握り寿司の美味しさを味わってみてください。 知多半島ナビでした。


名称寿司料理 戎
ひらがな読みすしりょうり えびす
住所愛知県半田市岩滑中町3丁目210-1
ホームページhttp://ebisusushi.jp/
電話番号0569-22-1496
予算(ディナー)3,000円
営業時間月~金19:00~翌朝4:00/土18:00~4:00/日18:00~2:00
休日毎週木曜、最終水曜 
駐車場6台
タグ名鉄・JR | | 和食 | ラーメン・そば・うどん | 居酒屋・バー | 寿司 | 1人でもOK | 21時以降OK | 家族向け
クレジットカードVISA | Master | JCB | 銀聯
行き方(詳細)電車で/名鉄河和線「半田口」駅から県道265号を右折、岩滑中町の交差点を左折、2本目の道(角にサイクルショップがあります)を右折すると右側にあります。
車で/知多半島道路「半田中央IC」を出て県道265号を右折、岩滑中町の交差点を右折、2本目の道(角にサイクルショップがあります)を右折すると右側にあります。約7分。
行き方名鉄河和線「半田口」駅徒歩5分
  • GoogleMap




関連コンテンツ


ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

まだクチコミはありません。







  • サイクリング
  • EDIT