ホーム > グルメ

寿司・和食 芳味

武豊で地元の味が堪能できる寿司・和食の店。

こんにちは知多半島ナビです。昔から味噌・醤油・たまりの醸造で知られる武豊で、地元の味として46年愛され続けている「芳味」さんを紹介します。武豊の味、知多半島の味が豊富な和食メニューから楽しめるお寿司屋さんです。

寿司ランチは旬のネタが入って1,200円(税込)。

お寿司屋さんですが、和食のメニューが充実している「芳味」さん。何とお寿司屋に来てお寿司を食べない方もいるとか。それほどお寿司以外のメニューが美味しくて好評なのですが、ここはやっぱり「寿司ランチ」をいただきたいと思います。


こちらが「寿司ランチ」。揚げ物、煮物小鉢、サラダ、茶碗蒸し、赤出しにお寿司がついて食べごたえ充分です。

この時期が旬のマタカ、全国的にはスズキの名で知られていますが、このあたりではマタカと呼ばれています。シャリからはみでるほどの大きなネタはプリップリで、歯ごたえもしっかりした食感です。
お寿司に欠かせないのはやっぱりマグロ。こちらも肉厚のネタにふわふわのシャリ、さすが本格握り鮨の店です。回転寿司とは全く違う本物のお寿司の味です。これが食べられただけで幸せです。

揚げ物は先ほどのマタカと季節の野菜をカラッと揚げたフライ。衣はきめ細かくとっても薄い衣で、サクサクで衣そのものが美味しいという感じです。このフライをいただくと、お寿司以外のお料理が人気があるのも納得します。
さてマタカのフライですが、お寿司と違った味が楽しめて嬉しいです。ホクホクの白身は身が締まっていて、衣との相性もバッチリ。お寿司も美味しいのですが、このフライも負けないくらい美味しいです。

茶碗蒸しは地元の山下養鶏さんから毎日届けられる新鮮な卵が使われています。中には海老や鶏肉も入っていて出汁の効いたおいしい茶碗蒸しです。
本日の煮物は筍の煮物で、こちらも味がよく染み込んでやわらかく、懐かしい味がしました。こういうちょっとしたことで季節を感じられる和食っていいですよね。

知多半島の野菜を中心に使われた生野菜のサラダは、胡麻ドレッシングかシーザードレッシングから選べます。今日は胡麻ドレッシングでたっぷりいただきました。
こちらの赤出しは、知多半島の南端にある南知多町の徳吉醸造の豆味噌を使った赤出しです。ほどよいしょっぱさで深みのある味です。

地元の方もランチに利用されるお店なので、小鉢などは日替わりで内容が変わり、毎日食べても飽きない工夫もされています。寿司ネタや揚げ物も季節の旬などで変わりますので、何が出てくるかわからないのも楽しみのひとつですね。料金もお手頃で満足いただける「寿司ランチ」でした。


地元の味が満載の店内。

8名掛けのカウンターがあり、地元の伊勢湾や三河湾で採れた魚貝のネタケースがあります。


テーブルやカウンターに置いてある醤油差しは、しょう油とたまりの2種類が置かれています。様々な醸造業が盛んな知多半島の昔ながらの味が楽しめる心配りです。


左の薄い茶色がしょう油で、右の濃い茶色がたまり。しょう油は半田にあるキッコウトミのしょう油で、たまりは地元武豊の丸又商店のたまりです。


これは「寿司ランチ」で出て来た赤出しに使われている、南知多町の徳吉醸造の豆味噌。豆の粒が残っている素朴な味噌で、熟成するに従って色が濃くなります。


もうひとつ地元武豊のお味噌を紹介します。これがカクトウ醸造の金山寺みそで、「芳味」さんのオリジナル商品の「もろみ巻き」に使われています。


たまりと金山寺みそは武豊、しょう油は半田、豆味噌は南知多と地元のものがこれだけ使われているお店もそんなにありません。


もろみ巻きは武豊の味そのもの。

これが「もろみ巻き」1,080円(税込)。地元雑誌などでも紹介された「芳味」さんオリジナルの商品です。

これに使われているのが、武豊カクトウ醸造の金山寺みそ。中には揚げたてのエビフライ、煮穴子、玉子焼き、きゅうりが入っています。味噌の風味とサクサクのエビフライの食感が楽しめる一品です。これを目当てに来る観光客も少なくありません。


はずせないのが焼穴子の握り。

こちらが「焼穴子の握り」8貫で2,200円(税込)。もちろん4貫でも2貫でも注文できます。

6〜8月の一番良い時期の地元の穴子を冷凍し、いつでも美味しく食べられるようにしています。太くて脂ののった最高の穴子をふっくら仕上げた焼穴子の握りは「芳味」さんの看板メニューです。


箸で持ち上げるのも気を使うくらいの柔らかさで、口の中でとろけます。焼かれた芳ばしさとタレの旨味が口の中いっぱいに広がります。もう間違いない美味しさです、これは絶対におすすめのメニューです。


大小いろんなお部屋があります。

2階は大きな宴会場になっていて、最大45名ほど入れます。2つに仕切って使用することもでき、人数に合わせて用意していただけます。宴会用のコース料理も3,000円〜6,000円くらいの宴会料理があります。冬場にはふぐや鍋料理のコースもありますので、予約時にご確認ください。


窓から陽射しが入り込み、明るい座敷です。
腰掛けも用意されているのが嬉しいです。

1階には8名が座れる小部屋もあります。
1階の小上がりには4名用のテーブルが3つあります。

知多半島の日本酒もあります。

知多半島は日本酒の醸造も盛んなところです。その知多半島で作られる日本酒が楽しめるお店でもあります。もちろん地元以外の全国の有名なものもあります。寿司にはやはり日本酒が一番合うと思います。


左は常滑にある澤田酒造の「白老 純米吟醸」、真ん中は半田の中埜酒造の「國盛 大吟醸」、右は岡崎の柴田酒造の「初しぼり」。
全国的にも有名な新潟の「八海山」や「久保田」などもあり、日本酒好きも納得の品揃えです。

ふぐのヒレ酒はよく知られていますが、ふぐの皮を乾燥させてヒレ酒と同じように炙って飲むことができます。ヒレ酒よりも風味が強く、美味しいそうです。
ふぐの鉄皮酒は2合で1,000円。ちなみに普通の熱燗は2合で700円です。少しでも皆さんに気軽に呑んで頂きたい為リーズナブルに提供しているそうです。

お店は「向陽4丁目」の交差点にあり、わかりやすい場所にあります。駅からはも、武豊インターからも、大きな看板がでているのですぐに見つけられます。創業して47年、今は二代目大将と今だ現役の一代目大将のお二人で続けてきた、地元に密着したお店です。


いかがでしたか、寿司・和食「芳味」さん。まるで武豊や知多半島の醸造文化を紹介してくれるアンテナショップのように、様々な味噌・しょう油・たまり・日本酒が楽しめるお店でした。それだけ古くから地元を愛し、愛されてきた証なのでしょう。ぜひ、一度来店してみてください、おすすめです。 知多半島ナビでした。


名称寿司・和食 芳味
ひらがな読みすし・わしょく よしみ
住所愛知県知多郡武豊町向陽4-40
ホームページhttp://aichi.j47.jp/yoshimi/
電話番号0569-72-0094
予算(ランチ)1,200円
予算(ディナー)2,000円
営業時間11: 00 ~ 14: 00 16: 30~22: 00
休日木曜日 
駐車場約30台
タグ名鉄・JR | | ご当地名物 | 和食 | 寿司 | 1人でもOK | 21時以降OK | 人気店 | 家族向け | 団体向け
行き方(詳細)電車で/名鉄河和線「知多武豊」下車、進行方向右側を出て武豊町役場方面へ、「武豊役場南」の交差点を県道72号に沿って進み、「向陽4丁目」交差点の右側にあります。ガソリンスタンドENEOSの向かいです。
車で/南知多道路「武豊IC」を出て県道72号を右折、「嶋田」交差点を左折、県道72号を道なりに進み、、「向陽4丁目」交差点の手前左側にあります。ガソリンスタンドENEOSの向かいです。約5分。
行き方名鉄河和線「知多武豊」下車徒歩10分
  • GoogleMap




関連コンテンツ


ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

kamikami ( 2014-05-21 13:46:22 )

店内に飾ってある関取の手形はよく見ますが行司さんのサインは初めて見ました。しかもそれが領収書代わりとはビックリです。







  • サイクリング
  • EDIT