ホーム > グルメ

麺屋 一八

自家製麺と武豊のたまりを使ったスープの究極の一杯。

こんにちは知多半島ナビです。今回は旨いラーメンを紹介します。場所は武豊、古くから味噌・醤油・たまりの醸造が盛んで、今も老舗の蔵が並ぶ町です。その武豊で地元のたまりを工夫した話題のラーメン屋さんが「麺屋 一八」です。地元の方にも観光客にも人気のお店です。

たまりの旨味が一番わかる「油そば」。

油そば790円(税込)。地元のたまりと香味油のスープが麺の下に隠れています。たまりの味が最も感じられる一品で、旨いの一言です。

まずどんぶりの底にあるスープと麺をよくかきまぜます。スープと言っても普通のラーメンのような飲むスープではなく、麺にからませるためのスープです。


ラー油や酢をまぜるとさらに深い味わいになり、旨味が増します。混ぜ方も自分次第なので、自分なりの美味しい混ぜ具合を見つけるのも楽しいです。


チャーシューは自家製チャーシューを炭火で焼いた、炭火焼き豚。まわりは芳ばしくて中はやわらかい、贅沢なチャーシューです。


麺は平打ち太麺で、たまりと香味脂のスープがよくからみます。いわゆる正統派ラーメンではありませんが、たまりでいただく美味しさがよくわかるラーメンです。


味の秘密は何と言っても地元武豊にある明治5年創業の「南蔵商店」のたまりとお店オリジナルの香味油。マスコミなどで多く取り上げられるしょうゆ(たまり味)ラーメンよりも、もっとたまりの味が感じられるインパクトのあるラーメンです。食べ比べると本当に違いがよくわかります。2人で来てそれぞれ注文して分け合うのがいいかも。


定番のラーメンはとにかくスープが絶品。

しょうゆ新味(たまり味)790円(税込)。スープにたまりを使った「麺屋 一八」の人気絶大メニューです。柚子が乗って風味豊かな一品です。

名古屋コーチン丸鶏とガラ、数種類の煮干や鰹節類と香味野菜から取られるスープはとにかく美味しいです。そこに武豊「南蔵商店」の伝統のたまりが加わり、風味とコクのある新しい味のラーメンです。


こちらのチャーシューはトロトロにやわらかい煮豚。もちろん自家製で、口の中に入れるとそのまま飲み込めるくらい柔らかく仕上がってます。一緒に入っている味付玉子もトロトロで、ラーメン好きなら納得の絶品です。


麺は自家製の細麺。麺もお店で作ってるだけあって間違いありません。濃い目のスープにはやっぱり細麺が合いますね。柚子も効いてて全くしつこくなく、最後まで美味しく食べられます。


あっという間に完食しました。武豊の「南蔵商店」の伝統たまりとお店オリジナルのスープのコラボレーション。たまりの風味と鶏と魚介のエキスがベストマッチ。ぜひ一度ご賞味ください。


燻しおらぁ麺820円(税込)。こちらもしょうゆと並んで人気の高い塩ラーメンです。鶏と魚介のスープの旨味が最高に味わえる一品です。

燻しおは「いぶしお」と読みます。しょうゆラーメンに入っていた味付玉子が丸々一個入っていて、もう嬉しいかぎりです。箸で割ると中からトロ〜と出てくる感じ、たまりません。こういう玉子作れるお店に出会えただけで幸せです。


それと目を引くのが鹿児島県の獅子島のあおさ海苔。有明海の風土で培われた風味豊かな海苔です。海苔がまた味に変化を加えてくれて、ラーメンには大切なアイテムのひとつです。やるなあこのラーメンって感じです。


ここにもいました煮豚チャーシュー。しょうゆラーメンと同じトロトロにやわらかい自家製チャーシューです。麺もしょうゆラーメンと同じ細麺で、基本的にこのお店の麺は細麺の自家製麺です。正直に言うとどれも全部美味しいです。


お店の中はこんな雰囲気。

カウンターだけのお店です。注文は券売機システムで、作っている厨房はカウンターから全部見られます。メニューやお店のメッセージがいろいろ貼ってあります。少しでも中の様子が伝わればといくつか写真で紹介します。





地元武豊出身の大将の渡辺さんがこの店を始めて17年、今も新しいものを研究し続けています。かつては東京で美容師をしていた経歴を持つ大将、地元に戻り武豊のたまりを使ったラーメン作りを始めた地元を愛する方です。


繁華街から離れた郊外にお店はあります。

場所は駅から離れていますが、わかりやすい位置にあります。インターからも簡単ですぐにお店は見つけられます。人気店なので忙しい時間帯は少し待つことになりますが、待ってでも食べたい美味しさです。待たずにすぐ食べたいという方は、夕方の開店間際が狙い目ですよ。


いかがでしたか、美味しさを伝えるって難しいですね。とにかく食べれば納得の味です。お店のホームページもありますので、そちらもぜひご覧ください。こちらの「麺屋 一八」さんは間違いなくジャパンナビおすすめのラーメン店です。 知多半島ナビでした。


名称麺屋 一八
ひらがな読みめんや いっぱち
住所愛知県知多郡武豊町鹿ノ子田2-60
ホームページhttp://www.menya-ippachi.com/
電話番号0569-73-2484
予算(ランチ)800円
予算(ディナー)800円
営業時間11:00〜14:30 17:30〜22:00 (LO21:45)
休日月曜の夜、火曜の夜(臨時休業の場合もあります) 
駐車場8台(共用)
タグご当地名物 | ラーメン・そば・うどん | チープ系 | 1人でもOK | 21時以降OK | 人気店
行き方(詳細)車で/知多半島道路「半田IC」を出て県道34号を左折、ブロンコビリーのある「宮本町6丁目」の交差点を右折、ミニストップのある「新鹿子田橋南」の交差点を左折すると右側にあります。約10分。
電車で/名鉄河和線「青山」駅下車、県道467号を武豊方面へ、「砂川橋南」の交差点を右折、「新鹿子田橋南」の交差点の手前左側にあります。徒歩25分、タクシーで約5分。
行き方名鉄河和線「青山」駅下車タクシーで約5分。
  • GoogleMap




関連コンテンツ


ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

kamikami ( 2014-05-21 13:49:09 )

醤油ベースはよく聞きますが、溜まりベースは初めてでした。コクと旨味があって美味しかったです。また来ます。







  • サイクリング
  • EDIT