ホーム > グルメ

回転まるは

文句無しの、寿司ネタ。獲れたてのネタはどこにも負けません。

こんにちは、知多半島ナビです。今回ご紹介するのは、「回転まるは」です。南知多で一番にぎわう食堂、まるは食堂が満を持してオープンさせた、回転まるは。地元豊浜で水揚げされる新鮮な魚介類をふんだんに使った寿司は、美味しくない訳がない。勿論、ネタからしゃり、たまりまで職人の技とこだわりがぎっしり詰まっています。何はともあれ、まずは食べてみて下さい。味も値段も納得の、回転まるは。

豊浜の老舗、まるは食堂のお寿司屋さんです。

南知多の老舗といえば、まるは食堂。
豊富な海の幸が水揚げされる豊浜漁港の近くに有り、伊勢湾・三河湾の新鮮な魚介類が、良心的な値段でお腹いっぱい堪能できるお店です。休日だけではなく、平日も多くのお客さんが押寄せるのも納得ですね。
そんな中、お寿司の専門店が、まるは食堂にお目見えしました。美味しさ、新鮮さはあたりまえ。季節の魚介類が、楽しめます。まずは一度、体験してみて下さい。納得の味と、嬉しいお値段を。


ロビーには、鯛まつりでつかわれた鯛がおかれています。
まるはと言えば、海老フライ。かなり大きいですよ。
天然温泉、うめの湯も隣接しています。

お店は、伊勢湾に面した、駐車場側にあります。

まるは食堂は、国道247号線沿いに有りますが、ここ回転まるはの入口は、建物の反対側にあります。


うめの湯の横から下の駐車場に降りて行きます。
伊勢湾が一望です。
駐車場には、龍神宮が祀られています。その隣には、魚の供養碑も。

店内は、カウンター席と、ボックス席に分かれています。


本日のおすすめは、必ずチェックしたい所。

おすすめは、要チェック。季節のものが書かれています。仕入れによっては、驚きのネタも…。
これは、わかりやすい。豊浜漁港で水揚げされる魚介類が、季節ごとに描かれたカレンダー。魚には必ず、旬な時期があります。

お昼のコース、まるはランチをいただきました。

プレート盛り合わせ、茶碗蒸し、本日のお寿司5皿、季節のお味噌汁がついて、2,000 円(税込み)。お寿司は、回転してる物を選んでもよし、職人さんに注文するのもよし。追加は、1皿 200 円です。

まずは、鰆(サワラ)。絶対のおすすめです。秋から冬にかけて、脂ののりきったものは、まさに全身トロ。他店では、なかなか鰆のにぎりはお目にかかりませんよ。
因に、たまり醤油は地元「徳吉醸造」の特製品です。
魴鮄(ホウボウ)も冬の魚でしょうか。煮付けにして頂く事が多いですが、刺身でも美味しくいただけます。思いの外、しっかりとした食感が楽しめます。

白身魚の定番、鮃(ヒラメ)。同じ様な姿の鰈(カレイ)とは全く味が違いますよ。
黒鯛も、豊浜で多く水揚げされています。
鮪(マグロ)。これはちょっとちがった仕入れでしょうか。豊浜漁港ではみられませんね。でも、お寿司の定番中の定番。

煮穴子。この辺りでは、穴子の事を「メジロ」とも呼びます。ふっくら炊き上げられた穴子も人気のお寿司ですね。
平貝(タイラギ)。かなり大きな二枚貝で、この貝柱はシャキシャキっとした食感がたまりません。ホタテより甘い感じでしょうか。
まるは巻き。まるはと言えば、海老フライ。これを巻いちゃいました。これは、人気が出そうですよ。

プレートの内容は、その日によって変わります。
おじゃましたのは、3月、小女子漁のまっただ中。まさに季節限定のお料理でした。他の時期では楽しめない、小女子の煮物です。
魚介類は、それぞれ旬な時期にいただくのが、美味しく食べる基本です。で、いつが旬なのかって?それは、ここで出されている時でしょう。


毎年3月頃、小女子漁は解禁になります。じゃこ(シラス)よりも少し大きく、ちょっと黒っぽい魚で、玉筋魚(イカナゴ)の稚魚です。生シラスも人気ですが、地元以外では、ほぼ口に入る事はないでしょう。
今日のお味噌汁は、ホウボウ。
しっかりお出汁のきいた、茶碗蒸し。

まるはと言えば、海老フライ。そこで…。

昔から、まるはと言えば「海老フライ」。と、言う訳で当然こんなお寿司もあります。20cm を越えるであろう、特大海老フライを太巻きにしてあります。サクッとした衣と、プリッとした海老の食感がたまりません。大葉とマヨネーズ、ご飯の甘みも何とも言えません。邪道なのかもしれませんが、これは、美味しい。



仕入れは、社長みずから出掛けます。

豊浜漁港は、伊勢湾・三河湾・渥美外海で獲れた魚介類が水揚げされる愛知県下でも有数の港です。所狭しと多種にわたる魚介類が並ぶ中、朝夕にせりが開かれ、威勢の良い掛声がひびきます。
季節によって、並ぶ魚介類の種類も異なり、それを観るのも楽しいですね。ここへ来れば、今何が一番旬なのか、一目瞭然です。観た事の無い様な魚もいたりして…。ただ、邪魔にならないようくれぐれもご注意の程を。


ホウボウ。この魚には、足と羽があります。冬が旬を迎える魚ですよ。
ワタリガニ。春から徐々に美味しくなってきます。
これは珍しい、ヤガラです。皮付きのまま、塩焼きが美味しいかと思いますが、勿論お刺身も美味です。見た目の悪い魚は美味しいと言われますが、まさにその通りか…。
この日は、巨大なヒラメが水揚げされていました。何人分のお刺身がとれるのでしょうか。

ノドグロと、手前は、アマダイ。共に高級魚です。回転まるはでは、この様な素材も提供されています。
タイラギは、シャキっとした貝柱の食感がたまりません。

創業者、うめお婆ちゃんのおもてなしの心が、受継がれています。

創業者である相川うめが、戦後鮮魚の行商を始めた事がきっかけでまるはを開業しました。「今日も、感謝感謝で日が暮れる。」と、うめさんの言葉にあるよう、お客様、地域に喜んでもらえる様なお店づくりをしてきたとの事。
『信者を創れ』『儲けんでもええ、儲かる。』
『お客様に喜んでくれる事をやればええ。』
『まるはのようにやればええ。』
『報連相をちゃんとやればええ。』
は、うめさんの遺した言葉です。
いまでもしっかりと信念は受継がれているようです。

回転まるはを取りまとめる、若き店長の竹内さん。
地元豊浜で生まれ育った彼は、当然魚の美味しさは熟知し尽くしています。お店を開くにあたり、社員一丸となり、お寿司を美味しく食べてもらう為の試行錯誤を繰り返したといいます。今後メニューもさらに増える予定だとか。
増々気になる、回転まるはでした。
因に、暖簾の文字。気がつきましたか?海老フライと、鯛…。


名称回転まるは
ひらがな読みかいてんまるは
住所愛知県知多郡南知多町豊浜峠8
ホームページhttp://www.maruha-net.co.jp/tenpo/kaiten/
電話番号0569-65-1315
FAX 0569-65-1777
営業時間11:30~15:00  (LO14:30) 17:30~23:00 (LO21:30)
休日火曜日 
駐車場有り。(200台)
タグ天然温泉 | バス停留所 | | ご当地名物 | 海鮮料理 | 寿司 | 1人でもOK | カップル向け | 21時以降OK | 人気店 | 家族向け
行き方(詳細)電車の場合/名鉄河和駅から海っ子バス豊浜線師崎港行きで20分、荒磯下車すぐ
車の場合/南知多道路豊丘ICから県道280号、国道247号を豊浜方面へ6km
  • GoogleMap




関連コンテンツ


ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

まだクチコミはありません。







  • サイクリング
  • EDIT