ホーム > グルメ

English Pub

渋い雰囲気のビアレストラン

こんにちは、知多半島ナビです。
まるで海外のお店のような雰囲気の「English Pub」。
お店の扉を開ければ、そこは異国の地。
名前の通り海外のクラフトビールが飲めるお店なのです。
常時10種類あるという生ビールを味わえば、この上ない幸せに浸れます。

常滑でスコットランドの輸入ビールが飲める!

ビールは生で常時10種揃っているのだそう。5種は定番のもの、後の5種は入れ替わりでのラインナップ。その中でも、4種類はスコットランド・ビールを揃えています。

写真のビールは
右 / ハートランド(US PINT 580cc)650円(税込)
左 / ブリュードック パンク IPA(US PINT 580cc) 920円(税込)

ハートランドが注がれたマグは、常滑で陶作活動をしていたイギリス人の方の作品です。


ハートランドは日本のビール。
麦芽100%、アロマホップ100% 厳選された麦芽とアロマホップのみを使用しており、苦味が抑えてあるのでスッキリ軽やかに飲めるのが特徴。とても爽やかな口当たり。
あまりに飲みやすいので、飲みすぎてしまうかも!?

ブリュードック パンク IPAはイギリス(スコットランドビール)。
創業者ジェームス・ワットが世界一のIPAを目指し、採算を度外視して作り出した至高のIPAなのです。大量のホップを贅沢に使い、手間を惜しまずドライホッピング、ホップのアロマを最大限に引き出しているのが特徴。香りはブリュードックらしいグレープフルーツの香り。
南国のような印象を受けます。フルーティーな香りに甘みも。クリアなゴールデンカラーが眩しいビールです。


ビールのお供におすすめの食事

●フィッシュ&チップス 980円(税込)

ビールの相棒はこれ!と言っても過言ではない、定番メニューのフィッシュ&チップス。
ちょうどいい塩気がビールと合うんです。時期の魚で作ってくださるとのことで、美味しいのには間違いありません。地魚を使うこともあるそう。
フィッシュ・アンド・チップスは、イギリスを代表する料理の一つで、タラなどの白身魚のフライに、棒状のポテトフライを添えたものです。イギリスではファーストフードとして親しまれ、長い歴史があります。


●タコのマリネ 680円(税込)(時価での変動あり)

地元産のタコを使用。なので、とても新鮮。
ダイナミックに切られたタコは、食べ応えがあります。噛み応えもあります。プリプリで弾力がすごい。
人参、ミニトマトにオリーブ、ケーパーがアクセントに。
こちらもお酒が進む一品です。


常滑ならではの店舗デザイン

椅子の背部分には常滑ならではの施しが!
常滑の窯元で使われていた、常滑焼を入れる木箱がおしゃれに使われていました。
このちょっとしたことがとてもおしゃれですね。
他にも、おしゃれ要素がふんだんに…



お酒を飲む雰囲気が好きと語る、ご店主。
その気持ちが、このお店の雰囲気を作っているのかもしれません。
居心地の良い店内は、外の世界とは違う時間が流れているような気がしました。
English Pabさんの時間があるのでしょう。
このゆったり流れる時間に身を置けば、今夜も素敵な夜になります。


座席64席(1階フロア24席・2階フロア40席)
貸切も可で、最大70名まで対応できるとのことです。(要予約)
一人でしっぽり飲むのもいいけれど、二次会やパーティーなどにもオススメですね。


以上、知多半島ナビでした。


名称English Pub
ひらがな読みいんぐりっしゅぱぶ
住所常滑市新開町3-112
ホームページhttp://www.englishpub.jp/
電話番号0569-35-9981
予算(ディナー)5,000円
営業時間18:00〜24:00(L.O.24:00)
休日日曜定休 
タグ名鉄・JR | | 洋食・西洋・外国料理 | 居酒屋・バー | 1人でもOK | 21時以降OK
行き方(詳細)名鉄常滑線 常滑駅より徒歩4分
知多横断道路 りんくうI.C.を降り、常滑駅方面へ直進。1km先を左折。40mほどで到着。りんくうI.C.より車で3分
  • GoogleMap




関連コンテンツ


ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

まだクチコミはありません。







  • サイクリング
  • EDIT