ホーム > 体験

松新

大型乗合船で、伊勢湾の釣りを楽しむ。

こんにちは、知多半島ナビです。今日ご紹介するのは、活魚料理が堪能できるお店、「松新」さんです。知多半島の先端、師崎地区にあるお店は、四季を通じて地元で獲れた新鮮な魚介類を楽しむことができます。また、松新では、大型乗合船で釣りをする事が出来るのが、大きな魅力にもなっています。そしてさらに、船上バーベキューなんてオプションも…。のんびりと釣り糸を垂れ、活き活きの魚を楽しむ。最高の贅沢をお楽しみ下さい。

知多半島の先端で「崎っぽ料理」を楽しむ。

飾りっけのない店構えが、いいですね。味で勝負って感じが伝わってきます。
これだけ充実してれば、大満足。

崎っぽ料理とは…。なかなか定義が曖昧な気がしますが、知多半島の先端に位置するこの地域で、古くからおもてなし料理として、獲れたてで活き活きの魚介類を出していました。この辺りは埋立地なので、豊富な海水が地面から涌出る為、簡単に生簀を作る事ができ、生きたままの魚を提供する事ができました。日本全国で使われる、「生簀料理」は、ここ師崎地区が発祥とも言われます。あちらこちらで「生簀料理」という言葉が使われるようになり、もっとこの地域の特色を出せないだろうかという意見のもと、「崎っぽ料理」という表現にたどり着いたといいます。新鮮な魚を提供して楽しんでもらうといった、おもてなしの心の現れである事には、間違いないでしょう。
また「味噌焼き」といった昔ながらの郷土料理も人気の一つです。


お店の前には、生簀が並んでいます。
こちらは、大アサリ。
蟹の中では、味の王様、ワタリガニ。挟まれない様に、輪ゴムで拘束されていました。挟まれると、結構痛いです。
獲れたばかりの魚でしょうか。メバル、カワハギ、ナマコ、タイラギ。どれもこの辺りの魚です。

入口には、興味をそそる張り紙が…。

伊勢湾では昔からシラス漁が盛んでした。普通は塩ゆでにしますが、ここは港町。生で食べられるんです。都会では、まず、無理。いくら港町でも、シラスが獲れた日だけ、この味が楽しめます。
迷います…。
さかなクンも来館。
これは、間違いなく魚の美味しい場所の証明でしょう。
地元師崎の切り絵作家、山崎修氏の作品が飾られていました。
よぉ〜く見ると、船には「松新丸」の文字がみえますね。

さてさて、おまちかねの「崎っぽ料理」をいただきましょう。

このボリュームで1,900 円。本当にいいんですか?

酢の物は、鯖。これも地元でたくさん水揚げされます。干物にしても脂がのっておいしい魚です。
大アサリは、地元で獲れる特産品。
揚げ物は、お約束の海老フライと、魚。

これは、絶品。カワハギの煮付け。写真に写っているのは、肝。ぷりっぷりです。基本南知多方面の煮魚は、甘くて濃い味付けが基本でしょうか。
タコのお刺身。一度さっと湯通ししてあります。
鯛のお刺身。ほんのりとした甘みがいいですね。

これです。まぼろしの「生シラス丼」。
伊勢湾でとれるシラスは、カタクチイワシの稚魚。漁師町でしか、まず口にすることは、難しいでしょう。ほとんどは茹でて加工してしまいますが、ピチピチの獲れたてに限り、生でいただく事ができます。ほんの少しタレをかけて、食べます。甘い中にもほんのりとした苦みがこれまた、すばらしい。決して生臭さはありません。
毎日ある訳ではないので、確実に食べたい方は、事前に確認する事をおすすめします。春から秋にかけてのお楽しみです。


客間は、昔懐かしい感じの和室です。

もともとは埋立地だったこの地区で、40年程前にお店を構えました。代々、漁師だったので、おいしい魚の調達には全く苦労は無かったとの事。
玄関を入ると、昔懐かしい昭和の雰囲気が広がります。



今度は、釣りに出掛けます。

今日は、体験釣りにおじゃましました。
料金は¥4,500(子どもは¥4,000)竿、リール、エサ、仕掛け1セット、氷すべて付いてます。手ぶらで参加できるのが嬉しいですね。
朝7時すぎに、松新で受付を終え、すぐ近くの片名漁港へ。8時に出航。コースにより、出航の時間、料金は違います。
同乗したほとんどが、初心者。親子連れ、カップル、学生の団体さんと、色々な顔ぶれです。さて、何が釣れるか、乞うっ、ご期待っ!


このふねで繰り出します。結構大きいです。
中は、こんな感じになっています。
船底には、こんなスペースもあります。船酔いしちゃったら、ここで横になりましょう。
船の舵は、みんなこの形なんですね。

さて、出航です。

穏やかな片名漁港を出発します。写真は、2階のデッキからの眺めです。
防波堤にも、釣り人がちらほら。
ポイントまでは伊勢湾をクルージング。時々、スナメリが後ろから付いてきますよ。

篠島をぐるっと周り、ポイントに到着。さてさて、この先何が起きるやら…。
大物釣りの期待は膨らんでます。
エサは、アオイソメ。最初はなかなか手強いですが、慣れてくると簡単ですよ。勿論、女の子だって大丈夫。
エサ付けが慣れた頃、今度は釣った魚の針はずし。これもコツさえつかめば大丈夫。どうしても無理な時は、スタッフにおまかせ。
岐阜県から来られた親子。実は、海釣りは初めての経験。でも、釣れました。お父さん、すごい。

この日の主役は、キス。天ぷらで美味しくいただきたいですね。
熱帯魚みたいなこの魚は、ベラ。煮てもおいしいですが、刺身にしてもおいしいですよ。
おやおや、何か変わったモノ、釣っちゃいましたね。

次のお楽しみは、船上バーベキュー。

慣れた手つきで、次から次へ調理してくれます。この日は時間の都合で、港内に停泊してのバーベキューでした。船上でのバーベキュー、なかなか体験できないですね。
海老や鯵が、いい匂いで焼き上がっていきます。

定番の大アサリ。
お味噌汁は、ワタリガニがいっぱい入っています。
中は冷房がききますが、結構暑い。なので、皆さんデッキへ。

渋い船長と、イケメンスタッフ。荒くれた海の男と思いきや、とってもやさしい二人でした。魚の説明や、釣り方もわかりやすく教えてくれます。リピーターが多いのもわかる気がしました。
釣りのコースは、初心者からマニアまで、納得のコースが設定されています。まつしんのお客さんによる、釣り雑誌等への投稿もけっこうみられます。
一度、大物釣りに挑戦してみますか。


海に囲まれた、知多半島。なかでも南知多は伊勢湾・三河湾といった水産資源の宝庫が目の前にあります。当然新鮮な魚介類を美味しく食べるといったお楽しみだけではなく、自分で獲ってみるというお楽しみがある事も、お忘れなく。なかなか実際に体験する機会も少ないかと思いますが、結構お気軽に楽しめる場所もあります。一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。病みつきになる事、まちがい無し。自然に遊んでもらいましょう。


名称松新
ひらがな読みまつしん
住所愛知県知多郡 南知多町大字片名字新師崎16-7
ホームページhttp://www.matusin.com/index.php
電話番号0569-63-1173
FAX0569-63-1525
駐車場店舗前と、片名漁港にあり。
タグ家族向け | カップル向け | 子供参加可能
行き方(詳細)電車の場合/名鉄河和駅下車。知多バス師崎港行きで新師崎下車。徒歩1分。
車の場合/南知多道路豊丘ICから師崎方面へ。
  • GoogleMap



ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

まだクチコミはありません。







  • サイクリング
  • EDIT