ホーム > 魅力

バー&ビストロ 共栄窯

常滑焼の古窯の中に入った事はありますか?そこには、素敵な空間と美味しいカクテルがあります。

こんにちは、知多半島ナビです。日本六古窯の一つ「常滑焼」。その古窯の中で美味しいお料理とお酒が味わえる素敵なお店をご紹介します。 店内は3つのブースに分かれています。 本格的なお酒を楽しめる BARブース、美味しいフレンチをコースで楽しめる ビストロブース、大人数でも楽しく談笑できる ラウンジブース。 その日その時の気分にあったブースを選んで、素敵な時間を是非すごしてみて下さい!

まずは、やっぱりココからでしょう!常滑焼の古窯の中をご紹介しましょう。そこはメインBARになっています。

明治時代から多くの土管を生産し続けてきた工場と窯をリノベーションした店内は、常滑の歴史や文化を感じながらゆっくりとすごせる特別な空間です。奥行きも10m以上あり天井も高く、まずは窯の大きさにびっくり!こんな大きな窯で土管って焼いてたんだって事に、そしてなんとなく自分で勝手に思い描いていたイメージとのギャップに驚きを隠せません!
”本物”の凄さに感動です。


そんな空間で美味しいカクテルとおつまみ。贅沢な時間をぜひ味わってみて下さい。


そして、カクテルを作ってくれるのがプロフェッショナルバーテンダーズ機構 認定バーテンダーの鈴木さんです。このお店の店長さんでもあります。カクテルを作っているその所作がとてもきれいでかっこよく、シェイカーの音も心地よくてそのすべてが古窯の中という異空間で過ごすひと時を満足させてくれます。残念なのは、やはり写真では伝えきれないという事です。動画で載せたい・・。ぜひお店に行って体感してみて下さい。

営業時間 19:00~26:00

写真のカクテルは ”コスモポリタン” です。





次にビストロの様子をどうぞ。

ビストロブースでは、料理長さんが地元常滑はもちろん県内外の農家や漁港で厳選した旬の食材で、その時一番美味しい物をフレンチのコースでいただけます。
テーブルも間隔がゆったり配置されています。友達や家族で楽しくおしゃべりしながらおいしいワインやビールと共にゆっくりお食事。いいですよね!

また、ビストロではランチの営業もしています。後で詳しくご紹介しますね。

営業時間 
ランチ  11:00~14:00
ディナー 17:30~22:00


ビストロブースのみ禁煙です。



個室もあります。12名まで利用できます。
ご家族のお祝いや、パーティーに最適です。
個室の外にはオープンテラスもあります。お天気がよければ外で星空を見ながら・・ありでしょう!
非日常を楽しめますよね。

そして、ラウンジのご紹介です。

ラウンジブースではちょっとお洒落に大人の時間をすごすのはいかがでしょうか。仕事帰りに疲れを癒したり、お食事の後にもう少しお話をしたり、またパーティーもできるそうですよ。

お酒は勿論、本日のオススメメニューやおつまみも充実しています。自分流の楽しみ方をみつけてみて下さい。

営業時間 17:30~25:00

BARとラウンジは喫煙できます。



以上、素敵な店内の3つのブースの紹介でした。やっぱり建物の圧倒的な存在感に最初は心をギュッとわしづかみされましたが、ここは「バー&ビストロ」。旬の食材を生かしたこだわりの料理を見ていただきましょう!

ビストロの紹介の所で少しふれましたが、お店のお料理は料理長さんがこだわって選んだ食材で作っています。お野菜は、地元愛知の契約農家で栽培された旬のものを畑に出向いて選んでいます。

取材時(11月)に見せていただいたお野菜は、左下から時計回りに、ももかぶ、パープルヘイズ(にんじん)、むらさき大根、オータムポエム(アスパラ菜)、バターピーナッツカボチャ、バナナピーマンです。この他にも常滑産のトマトなどもありました。

なかなかスーパーでは見かけないめずらしいものばかりですよね。このお野菜のお料理を食べてみたいと思いませんか?



”きれい!!”
本当にこの一言に尽きると思います。こんな一皿が目の前に出されたらもう、テンションUPしちゃいますよね。

魚介類も常滑の鬼崎漁港や師崎漁港で水揚げされた新鮮取れたての地魚を主に使っています。地元でしか味わえない一品に出会えるかも知れませんよ。

そして、お肉料理。これもまた見た目もきれいでワクワクするお料理が出てきます。特に、鴨、鳩、鹿やイノシシなどの他ではなかなか食べる機会の少ないジビエ料理はおススメです。

取材時、料理長さんと色々お話をさせていただいて思ったのは、本当にこの知多半島は食材に恵まれていると言うことです。そこに美味しくて新鮮な食材があるのだから、やはりここに来て食べるべきだと、その価値があると思います。


季節の旬の食材でメニューが決まるので、写真のお料理が必ずオーダーできる訳ではないのですが、いつでも美味しい素敵なお料理を考え、作ってくれます。「今日は何かな?」っと楽しみをふくらませながら来てみてはいかがでしょうか。


もう少しお店の様子をご紹介しましょう。

黒い板塀の大きな建物はとっても印象的です。そして温かい明りで照らされたエントランス。一歩中に入ってみると落ち着いた空間が奥へと続いています。

”大人の隠れ家”そんな言葉がピッタリだと思います。





そして最後にランチの情報を!

口取り 
ずわいがにとトビコがお寿司仕立てになってこんなに可愛く!酢飯はシェリービネガーでやさしいお味です。
前菜
温泉玉子とベーコンと芽キャベツ、そして新鮮なお野菜のサラダ。トマトも美味しい!
スープ
新たまねぎのポタージュ、初めて頂きました。すご~く甘いんです。おかわりしたっかた!

今回ご紹介するランチメニューはAコース(1800円)です。メインはお魚とお肉のどちらかを選べます。また、プラス料金でグレードアップした食材のお料理に変更できます。
他にBコース(2500円)もあります。Aコースの内容でメインのお魚とお肉を両方楽しめるフルコースです。

口取り、前菜、スープ、メイン、デザート、パン、コーヒーor紅茶で1800円は本当にお値打ちだと思いますよ!


この日のメインのお肉は常滑都築ポークです。肉厚でジューシー。お野菜やお魚も地元の旬の美味しい食材を堪能できます。


メイン(プラス料金)
牛タンの煮込み
見て下さい!この厚み!やわらかいのは勿論、噛めば噛むほど美味しさが溢れます。
デザート
ココナッツとヨーグルト風味のムースはやさしくホットする味です。カシスのソルべは濃厚で◎
コーヒーor紅茶にはお茶菓子が付いてきます。かなりうれしいですよね。
自家製ブルーベリーのフィナンシェとクッキーでした。

2014年にオープンした共栄窯。歴史的な建物と素敵なお酒とお料理。今、色々な所で昭和やそれ以前のレトロな物が見直されていますよね。はっきりと明確には分からないけれど・・・居心地がいいんです。ほっこりするんです。是非一度訪ねてみて下さい。

夜の営業はお酒がメインのお店なので、未成年者、及びお子様連れのお客様はお断りになっています事、ご了承下さい。

以上、知多半島ナビでした。


名称バー&ビストロ 共栄窯
ひらがな読みばーあんどびすとろ きょうえいがま
住所愛知県常滑市北条2丁目88番地
ホームページhttps://www.facebook.com/kyoueigama
電話番号0569-34-7786
営業時間ビストロ/ランチ 11:00~14:00 ディナー 17:30~22:00  ラウンジ/17:30~25:00  バー/19:00~26:00
休日水曜日 
駐車場20台
予算/料金についてバー   3000~4000円
ビストロ 4000~5000円
チャージ料 おひとり様 500円(夜)

ランチ  1800~3000円
タグ古くて新しい焼き物文化を味わう
行き方(詳細)電車の場合/名鉄常滑線「常滑駅」下車、徒歩185m(約4分)。ホテルルートイン向かい。
車の場合/知多横断道路「りんくうIC」下車、陶磁器会館西交差点を左折、北条交差点角。
行き方電車の場合/名鉄常滑線「常滑駅」下車、徒歩185m(約4分)
  • GoogleMap




関連コンテンツ


ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

まだクチコミはありません。







  • サイクリング
  • EDIT