ホーム > 魅力

乙姫

鯛や鮃の舞い踊り。竜宮城はここにありました。

名古屋から1時間半。街の喧噪は波の音にかわり、風は潮の香りを運んでくる…。船を降りれば、そこには普段とはかけ離れたゆったりとした時間で迎えてくれる、癒しの空間が待っていました。乙姫は、50年も前からこの場所でお客様を迎えてきました。思う存分、日間賀島の優しさと味を楽しんでいきましょう。

1階には、巨大な生け簀があります。

西港を下船すると目の前に乙姫はあります。1階はお食事処になっており、フロントもこちらにあります。
お食事処「桂三」は、宿泊のお客様だけではなく、お食事のお客様も多く訪れます。新鮮な素材と、安い値段が人気の秘密でしょうか。
生簀の中には、地元三河湾で獲れた旬の魚介類がいっぱい。

アサリとホウボウ。羽みたいなヒレと、足みたいな胸ビレが特徴の魚で、煮付けたり、お刺身でいただきます。
言わずと知れた、シャコ。春から夏前が食べごろ。その季節は卵を持ってます。ハサミの部分にも身がぎっしり詰まっています。
平貝。海底の砂地にほんの少しだけ頭を出して潜っています。刺身がおすすめで、貝柱のしゃきしゃきとした食感がたまりません。

この日は大女将がシラスを炊いていました。以前お邪魔したときは、海苔の佃煮をつくっていました。供に手間ひまかけた大女将特製の人気メニューです。
白いご飯が進みそうな逸品。

乙姫の看板メニューのかき揚げ丼。海老、タコがたっぷり入った大きなかき揚げが乗ります。殻付きのアカシャエビが使われているので、とっても香ばしい味が楽しめます。海苔の佃煮とシラスの佃煮の小鉢も嬉しい。
他にも地元魚を使った刺身定食、煮魚定食等色々あります。
宿泊時のコースも、豊富な旬の魚介類満載の料理が楽しめます。フグ料理、ハモ料理といった季節限定のメニューもあります。


2階からは、海を臨む宴会場、客間、お風呂が。

客間に続く廊下には、タコの干物つくり、フグの水揚げ風景等、日間賀島の日常を描いた絵があります。
客間はすべて伊勢湾を臨むオーシャンビュー。海を眺め、ゆったりとした時をお過ごし下さい。

最上階にある展望大浴場からは、さらに遠くの景色が楽しめます。夕暮れになれば、伊勢湾に沈む夕日が目の前に広がります。日頃の喧噪を忘れる、まさに癒しの一時。


大女将のもとに、人は集まる。

お忙しい中、手を休めて色々とお話をきかせていただいた、大女将。いま乙姫が建っている場所の半分が海だった頃、先代が観光客向けに売店食堂を建てた話、台風で三度もお店が流された話とか、いろんなお話をニコニコしながら語ってくれました。優しさがにじみ出て、ついつい時を忘れて聞き入ってしまいました。こんな大女将だからこそ、多くの人々が会いにやってくるのでしょう。テレビ等の取材で訪れた芸能人もプライベートでよく来られるらしいです。


先代のご主人の肖像が掛けられています。50年前食堂、売店としてスタートし、多くの苦労を乗り越えて、今の乙姫をつくりあげました。
民宿乙姫の色紙。乙姫の目指すところでしょうか。
島に来ると必ず訪れるという、芸人の手による書も飾られていました。大女将の人柄が伺えます。

のんびりと時間が流れる日間賀島。たまには街の喧噪をはなれ、心とからだのリフレッシュに訪れてはいかがでしょうか。おいしい海の幸と心地よい潮風が待ってます。


名称乙姫
ひらがな読みおとひめ
住所愛知県知多郡南知多町日間賀島西浜12
ホームページhttp://www.otohime.net/
電話番号0569-68-2107
FAX0569-68-2338
営業時間乙姫宿泊 PM3:00〜AM10:00 お食事処「桂三」AM11:30〜PM2:30
休日不定休 
駐車場師崎港および伊良湖港に公共駐車場あり
タグ絶品!ご当地グルメを堪能
行き方(詳細)車以外/河和駅下車、河和港より高速船20分 西港下船すぐ
車/南知多道路~豊丘IC~師崎港→高速船10分→日間賀島西港下船すぐ
行き方日間賀島 西港おりてすぐ
  • GoogleMap




関連コンテンツ


ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

まだクチコミはありません。







  • サイクリング
  • EDIT