ホーム > 買い物・名産品

赤羽商店

知多半島南端・新師崎にある、鮮度抜群、季節の活魚と貝類のデパート。

こんにちは、知多半島ナビです。今日ご紹介するのは、新師崎にある「赤羽商店」です。伊勢湾をはじめ、三河湾や遠州灘、鳥羽湾や熊野灘で獲れた季節の魚介類を豊富に取り揃えています。店内には、たくさんの水槽が並び、その中には鯛をはじめ、鯵、鮃、河豚などが泳ぎます。勿論、大アサリやミル貝、蚫などの貝類も豊富に活かされています。

知多半島の最南端、師崎は漁師の街です。

名古屋から南にのびる知多半島。その先端に師崎は位置します。
三方を海に囲まれた知多半島では、古くから漁業が盛んに行われてきました。師崎・片名・大井の漁港には、伊勢湾や三河湾、太平洋で獲れた豊富な魚介類が水揚げされています。



港町の魚屋さん。四季の魚介が豊富に並びます。


タイ、カサゴ、ヒラメ等々。定番の魚ですね。どうやっていただきましょう。妄想は膨らみます。
サワラは漢字で「鰆」と書きます。でも、おすすめは秋でしょうか。全身トロの様な味わいがたまりません。
ワタリガニは伊勢湾、三河湾でもたくさんとれます。身のしまった雄を選ぶか、卵の入った雌を選ぶか、迷う所。

カサゴは伊勢湾の岩場で獲れます。
煮付けには、もってこいですね。
スズキとコチ。
夏が旬な魚達です。
アワビもあります。活きているアワビも、生け簀にはいっぱいいました。

生け簀には、活きたままの魚が泳ぎます。

ここ赤羽商店では、地元の伊勢湾の魚はもちろん、三河湾や遠州灘、鳥羽湾や熊野灘などで採れた魚を買い付けています。師崎漁港、大井漁港がすぐ近くにあり、ピチピチの生きたままの魚が運ばれてきます。
その季節で一番美味しい魚を、お届けするのが赤羽商店の基本理念です。


ブリ。この魚は「出世魚」で、成長によって呼び名がかわります。小さい時は「ツバス」、50cm位になると「ハマチ」、もっと大きくなると「ブリ」となります。脂ののった冬がおすすめでしょうか。
真あじも伊勢湾で穫れます。煮魚、焼魚、フライ、たたきとどんな調理にも対応できます。
カサゴ。煮付けでいただきたいですね。勿論、焼いても、お刺身でも美味しいです。こちらも、旬は冬。

浜焼きの定番、大アサリ。やはり貝類の旬は春でしょうね。因に本名は「ウチムラサキ」。勿論地元特産ですよ。
車エビは、愛知県の県魚。ぷりっとした弾力と甘さが魅力ですね。
なまこ。なまこの腸の塩辛は「このわた」と呼ばれる珍味として、人気です。実は、このわた発祥は、南知多とも言われています。

生け簀で泳ぐ魚は、注文をうけてから、生け〆されます。
〆る事により、身に血が回るのをふせぎます。血が回ってしまうとどうしても臭みが出てしまうので、魚を美味しくいただくためには必要不可欠の儀式です。魚の鮮度、これは最も重要なポイントですね。
ウロコ取りやワタ出しもやってくれます。


冬は、フグの美味しい季節。

10月から3月までは、フグの美味しい季節です。伊勢湾での、はえ縄漁解禁とともに天然のトラフグが入荷しています。広い生け簀には、たくさんのトラフグが出荷を待っています。
ご存知かと思いますが、フグをさばくのには免許が必要になります。体内に毒を含んだ部位があるので、間違っても素人がさばく事は禁止されています。
でも、大丈夫。赤羽商店では、「身欠(みがき)」処理して、安全な部位のみを提供してくれますよ。「身欠(みがき)」とは、毒を含む部分を丁寧に取り除き、ご家庭で安全に調理できる状態にする事です。腕に自信のあるかた、てっさ(お刺身です)にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。お皿の図柄が透けて見えるくらい薄くひくのが、ポイントかと。料金はお問い合わせ下さい。


のんびりと泳いでいるイメージですが、実は結構すばやい。
きれいな魚体ですね。養殖の物とか、長い間生け簀に入れられた物は、ヒレとか口ばしが痛んできてしまいます。

鮮魚だけではなく、干物も各種取り揃えています。

大人気の「めじろ」をはじめとして、タイ・フグ・カマス・アジ・オキギス等、いろんな種類があります。鮮魚を含めこれらは、すべて冷蔵もしくは冷凍で発送してくれます。
大人気の「めじろ」の干物。この辺りでは、「あなご」の事を「めじろ」って呼びます。お酒のあてに最高ですよ。勿論、ご飯もすすみます。

師崎漁港にある、師崎漁港朝市にも出店しています。

師崎漁港内にある師崎漁港朝市は、ここ師崎で水揚げされた新鮮な魚貝類は勿論、青果物や地元で製造された小女子・ちりめん・干物・佃煮・煎餅 ・海苔・惣菜などいろいろなものが売られています。しかもすべてがお手頃価格。中に入ると、干物の炙られたいい匂いがただよってきます。試食できるお店も多いですよ。
朝8時からお昼12時までの営業ですので、お早めにどうぞ。


お店は、左側の奥にあります。
この暖簾が目印。
人気の干物も、たくさんそろってました。お店の前に置かれた七輪で炙り、試食もさせてくれました。これは、嬉しい。
かご盛りは、かなりお得。その日によって内容は変わります。勿論、獲れたて。

他ではなかなか手に入らない様な商品もあります。
鯛の頭の部分は、まだまだ食べられる所がいっぱい。
煮付けてもよし、塩焼きにしてもよし。

仕入れは、勿論直接港へ。三重県までも、仕入れに行きます。


赤羽商店への行き方は。

知多半島をぐるりと回る国道247号線を、師崎港方面から大井方面に向かいます。カーブが多いので注意して下さいね。
師崎郵便局付近のゆるやかなカーブを右側に入ります。左側には「一馬屋」右側には「あらい」と地魚の美味しいお店が並びます。
3つ目の角を曲がると、到着。
この辺りは40年程前、埋め立てによってできた街だそうです。碁盤の目のように整った道ですが、ちょっとややこしい…。

南知多は三方を海に囲まれ、豊富な海産物の宝庫です。毎日水揚げされる魚ですが、やはりそれぞれには旬の季節があります。せっかく新鮮な魚介をいただくのであれば、一番美味しい時期に、一番おいしく料理された物をいただきたいですね。赤羽商店では、魚を知り尽くした社長をはじめ、スタッフ自らが品定めををし、旬の食材をいち早く、お手頃な料金でお届けしています。
便利な、通信販売もしていますので、ご利用してみてはいかがでしょうか?でも、一度はお店を訪れてみて、直接品定めしてみて下さいね。わからない事はスタッフに尋ねてみると、いろんな情報が得られるかも。
旬の魚が、一番美味しい。これは、間違いない事実。


名称赤羽商店
ひらがな読みあかばねしょうてん
住所愛知県知多郡南知多町大字片名字新師崎5-1
ホームページhttp://www.akabane-shouten.co.jp/
電話番号0569-63-0678
FAX0569-63-2191
営業時間AM7:30 ~PM5:00
休日毎週水曜日、年始年末・8月中旬の一部 
駐車場店舗前に有り。
タグその他
行き方(詳細)電車の場合/名鉄河和線河和駅下車、海っこバス師崎港行き、新師崎バス停下車。
車の場合/南知多道路豊丘IC直進、新中根信号左折、突き当りを右折、ファミリーマート付近を左折。
行き方知多半島道路豊丘ICより車で15分
  • GoogleMap



ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

まだクチコミはありません。







  • サイクリング
  • EDIT