ホーム > グルメ

うどんの三角庵

まるで映画のセットみたいな、何だかとってもカワイイお店です。

こんにちは、知多半島ナビです。創業百年、美味しい手打ちうどんのお店をご紹介しましょう。お店の扉を開けるとそこには古き良き”昭和”がありました。

地元では「三角のうどん屋さん」でお馴染みのうどん屋さん。店名の由来には歴史があるんですね。

一目瞭然ですね!お店の三角の形から「三角庵」ですね。
店内から見てもこの通り!

創業時の店名は「朝日屋」だったそうです。古いお盆を見せて頂きました。(右の写真)その頃はまだお店は三角ではなく普通に四角(?)かったそうです。大通りを造る時に土地が削られて今の形になったんです。その後、お客さんから「三角のうどん屋さん」と呼ばれるようになったので店名も「三角うどん」に変えました。そして、現在の「三角庵」へ続いてきた訳ですね。なんだかこの臨機応変なところが地元に愛され続ける理由なのかもしれないですね。


では早速、おうどんを頂きましょう!人気メニューがいっぱいです!

「天とじうどん」 700円
まずこの写真を見て下さい。びっくり!っと言うか戸惑うと言うか・・・茶色くない、白い。その正体は三河の白醤油でした。香りも風味もとてもGood!やさしいフワフワ玉子と相性抜群です。麺はうどんの本場、香川県から取り寄せるこだわりの塩と小麦粉を使って、毎日お店で作られている手打ちうどんです。


海老天を食べようとしたらこれまたびっくり!海老2尾と衣が大きな蓋の様に1つに合体していました。こんなの初めてです。
麺はつるつるもっちりです。一本の長さがちょっと長め(のような気がしました)でうどんを持ち上げた時、テンション上がりました↑↑
白醤油美味しい!ずっと飲んでいられます(笑)

お店の看板メニュー「黄金餅(おかねもち)」のご紹介!名前からは想像を遥かに超えた一品ですよ。

あれ?私、お鍋を注文しちゃったっけ?みたいなこのルックス、ワクワクドキドキ!
さあ、蓋を開けますよ!!一気に美味しい香り付きの湯気が襲って来ましたよ!!

じゃ~ん!ってやっぱり鍋じゃん!?いやいや、おうどんの麺が見えないくらい具沢山の味噌煮込みうどんなんですね(笑)実は。
「黄金餅(おかねもち)」 1350円
椎茸、筍、白菜、ネギ、蒲鉾、かしわ、油揚げ、エノキ、花麩、玉子、海老天、そしてお餅。10種類以上も入っていてボリューム満点です。麺は他のうどんの様に茹でるのではなく、生から鍋に入れて調理する煮込み用に特別に作っています。コシが強くもっちりしていて味噌煮込みにはこれですね、やっぱり。(硬くはないですよ、調度良い感じです♥)そして、生から麺を入れるのでスープに少しとろみがついて麺に絡んで美味しさUP↑です。
他に、「黄金餅」のお餅なしバージョンの「デラックス味噌煮込み」 1050円、「黄金餅」のスープがお醤油ベースになった「黄金鍋(こがねなべ)」 1250円 などもあります。三角庵のオリジナルメニューを是非味わってみて下さい!
尚、味噌煮込みは、煮込む為出来上がりまで少し時間がかかります。そこも込みでお楽しみ下さいね!

今回の主役です。存在感抜群です。最初の頃は卵の黄身をからめたお餅だったそうでその色が黄金色に見えるので「黄金餅」と言う名前になったんですね~♪由来を聞くと楽しいですね!
そして今ではお餅の傍に寄り添う様に・・・味噌煮込みには玉子は絶対でしょう!安心感抜群です。
いつもは主役の海老天がちょっと控え目に・・・でも見つけた時のうれしさは、さすがです!宝物的な(笑)

最近、注目度上昇中の「アカモク」のメニューも!お店のメニューには”セントレアの恵み”って書いてあります。新常滑名物の予感です!

「アカモクうどん(冷)」 500円
皆さん、”アカモク”を知っていますか?ねばつる食感の海藻なんですよ。ミネラルや食物繊維、ポリフェノール等を豊富に含んでいるので健康食品として注目されています。美容にも◎。女子の皆さん!注目です♥
そんな凄い海藻”アカモク”が常滑沖で採れるんです!
取材時は、夏真っ盛りと言う事で、冷たいおうどんを頂きました。さっぱり一気に食べれちゃいますよ!また、温かいのもありますよ。


たっぷりのアカモクに2種類の練り梅と花かつおが混ぜてあります。うどんやスープ全体をよ~く混ぜて食べてみて!海の香りが溢れますよ!是非、スープも飲み干して欲しいんですよね!
これまたおうどん界の名わき役ですね。
とろ~っとねば~っと、これやみ付きです。

ここで、店内の様子をご紹介しましょう!


どうです、この感じ。昭和にタイムスリップした様な、そして映画の一場面の様なこの雰囲気。古民家再生のお店があちこちで流行っていますが、歴史を感じるこの空間で頂くおうどん、本物の風格は格別ですよ!


さすが常滑ですね、大勢でお出迎え。招き猫です!
この前もテレビで「三角庵」が紹介されていましたね。
テーブルに1つもれなく置いてあるうちわ。熱々の麺類を食べる時、何気にうれしい♪



壁にはメニューがびっしり貼って有ります。結構色々な情報が満載ですよ。見逃さないで!!「きしめん」100円って来なきゃ損ですって!メガカツ丼も一目見てみたい。でも食べられる自信はないので、誰か隣で食べて欲しかった・・・残念です。
そして、”創業百年”すごいですね!お店のファンの方が沢山いるって事ですよね。まさに今日、私もファンの一員になりました♪


お店のアクセス他もう少し情報を。


お店は、名鉄「常滑駅」や「やきもの散歩道」の少し南方向にあります。「常滑駅」方向から約1km程来ると斜め左に細い道があります。そこを50m進むと右に駐車場、左にお店があります。駐車場は県道からも入れます。南方向から来る方は大きなどんぶりの看板を目印に来て下さい。
また、自転車の方にはうれしい”ロードバイクスタンド”が設置されています。是非、ご利用下さい。


有名な映画監督さんも訪れていたり、沢山のテレビ取材で取り上げられていたりと話題に事欠かない「三角庵」。今回は、お店のご主人のお母様でもある女将さんに色々お話をお聞きしました。
創業百年。その間にあった素敵なお店の物語を知る事ができて本当に楽しかったです。
ほっこりできるうどん屋さん「三角庵」に是非来てみて下さい。
以上、知多半島ナビでした。


名称うどんの三角庵
ひらがな読みうどんのさんかくあん
住所常滑市保示町1-5
ホームページhttp://www.toko.or.jp/sankaku/
電話番号0569-35-2775
営業時間11:00~20:00
休日木曜日 
駐車場7台
タグラーメン・そば・うどん | 1人でもOK | 人気店 | 家族向け
行き方(詳細)車の場合/セントレアライン「りんくうIC」下車、東方向に直進、陶磁器会館西交差点を右折。県道252号線を進み市場交差点から約150m進んだ辺りの二股の道を左方向に約50m。
電車の場合/名鉄常滑線「常滑駅」下車、タクシーで5分。
行き方電車の場合/名鉄常滑線「常滑駅」下車、タクシーで5分。
  • GoogleMap



ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

まだクチコミはありません。







  • サイクリング
  • EDIT