ホーム > グルメ

ラ・カパンニーナ(La Capannina)

半田住吉の美味しいイタリアンと言えば?このお店♪でしょー?

こんにちは、知多半島ナビです。ええ、みなさんきっと知ってますよね?特にパスタ好きの女性の間では、言わずと知れた。いや。男性ももちろん知ってたりします。最近では、予約しないとなかなか入れなくなってしまったほどの人気店です。そんなワクワクのお店にお邪魔しますー。

美味しいパスタが食べたいあなた。ここは、行ってみるべき。そして一度行くとどーしてもリピートしたくなるお店なのです!ではさっそくまいりましょう。

入り口。ドキドキです。だってほらみて?すでにいい感じですもの♪ボードにメニューが貼ってあります。可愛いイラストで縁どられてるしね。小さなボードには営業時間が書いてあります。

そしてこの手書きの吹き出しみたいなの。ここ注目です。「ただ今ご予約で満席となっております」です!そうなんです。このお店の人気度、ちらっとわかっちゃいましたよね?余計にワクワクしちゃいます。


実はこの取材、二日伺っております。順にあげますね。この日の平日ランチメニューは...どれどれ。
三種類から選べるようになっていて、ミニサラダとパン付きで...700円?!聞くところによると消費税が8%になってからこの値段ですって。それまではなんと、680円だったそう。実にありがたい。

その他にドリンクやデザートはお好みで付け足していくようになっています。それにしても、リーズナブル♪


え?早くお料理を?...ですよねぇ~。では、どんどん行きま~す!

どどーーん!「サーモンとパプリカ、インゲンのトマトクリームソース」です。彩りも赤、緑、サーモンの優しいオレンジと鮮やか。食べるまえからうれしくなる。
パクリ。サーモンがふわっとしてます。ソースはトマトのほのかな酸味があり、これと具材の相性はバッチリ♪

さっきは興奮してドドーンしちゃったから、あと二つは控えめに。「鶏肉とキノコのトマトソース(パルメザン)」鶏肉の大きさに、しめじ・舞茸を合わせてあるのか食べやすくて、トマトソースとパルメザンチーズの味が絶妙。美味。
こちらは「カツオとブロッコリーのピリ辛オイル」カツオとブロッコリーのパスタは初めて。もちろん魚の臭みもないし、パン粉をローストしたものをのせているそうで、それと少しだけピリッとするオイルがとても合います。食感も楽しい。


ランチにつくサラダです。レタスと人参にドレッシングがかかっているシンプルなものですが、やはりおいしい。ランチについているサラダがさりげなくおいしいのはうれしいよね?

あと、パスタのお皿にパンが一つ乗っていましたよね。それがねぇ、またおいしいの!運ばれてくるときにはもう、オイルがついてる状態。このお店の特徴と言ってよいのかなぁ。オリーブオイル(エクストラヴァージンオリーブオイル)の香りと、サラッと感がとても印象に残る。カウンター左に置いてあるこのオイルはセルフで付け足しに使用してOKとのこと。右側のは唐辛子入り。お好みでどうぞ。


さて、別日。この日の二種類と、続いて女子が大好き(いや、子どもも大人も、男性もね♪)デザート三種類と飲み物のご紹介です。

「鶏肉とレバーのミートソースクリーム風味(パルメザン)」
こちらは麺を上質麺に変えて頂きました。鶏肉が細かくしてありますね。この麺とよくからんでいい具合。
レバーと聞いて少し構えましたが、とっても上品なまろやかさ。ああなるほど、お料理の名前、ミートソースでクリーム風味。と書いてあります。チーズもかかっていてさらに深みがありますー♪こういう時って、自然と笑っちゃいますね。


「ベーコンと新玉ねぎのピリ辛トマトソース黒こしょう風味(パルメザン)」
ベーコンの味がしっかりしていて、玉ねぎの甘さとのバランスも相性もいい感じです。これもなるほど、美味しい♪
「ちょっと〇〇ちゃん(たまたま一緒に行った友達)持ち上げてみて?」どうかな伝わるかな。匂いとか味とか...。それにしてもそのサイズ、ちょっと大きすぎない?

「パンナコッタ」このお店に来たら、これね。まろやかさとクリーミーな味わいがたまらない。上にのってるのは、アマレッティというイタリアのお菓子。それを砕いてオン♪
「シャーベット」日によって違うのも嬉しいね。この日は果肉の様にみずみずしい苺と、爽やかでスッキリしたレモン。デザートは400円だけど、シャーベットは300円でーす。
「ヴァニラアイスのエスプレッソがけ」好きです、これ。バニラとほろ苦いエスプレッソが口の中でとけます。


平日ランチにはないのだけれど...ぜったい外せないのいってみます!生ハムサラダ。
それが、これ。↓


伝わるかどうか心配で、二枚載せちゃいましたがどうでしょう?レタスが下に敷いてあり、その上に惜しげもなく生ハムがのっております。もうこの綺麗な色と、その上にかけられたオイルの上品な香りだけで美味しいのです。そして白くちりばめられてるのはパルメザンチーズ!ワインなどと共に召し上がれ。間違いなしです♪


そしてもう一つ。あとから何度も記憶がよみがえる味と食感の「麺」。
このお店の二種類の違いを画面で比べてみましょう。わかるかなぁ。まずはスタンダードから。


もちろんこちらの麺も、ツルツルとした食感で食べやすく、ランチにはこれを標準としているのも納得です。シェフの腕によってソースや具材そして麺との味のバランスは、最適の状態でテーブルに運ばれてきます。
次は「上質麺」。とにもかくにも、ちょっとみてね。


さっきのとはもう色が違うね。白っぽい。でも色だけじゃないなぁ...もっと寄りましょうね。→→→
やっぱり違うね。表面のざらつき感。これは手に持った瞬間わかる。え?見えない?では、さらにぐぐぐ。→→→
ねっ?ねっ?

この麺は、イタリアのvoiell(ヴォイエロ)というもの。1879年ナポリ産で「幻のパスタ」と呼ばれるそう。独特な食感の秘密は、ブロンズダイス製法とう銅を使った方法。この伝統の製法が表面のざらつきを生み出し、小麦の風味を引き出すのですねぇ。そしてこの麺が、お腹と心を満たすお料理に変わります。

夜はこの上質麺が使われています。ランチの時にもぜひこのおいしさをどうぞ!+200円で麺の変更が出来ます。


はい。お料理はここまで。ここからはお店の外観や中のご紹介をば。

入り口はこんな感じね。オレンジ色が優しい。
ボードにメニューありました。夜はここからのチョイスになります。




最後に少し道案内をしておきますね。

電車は名鉄「住吉町」駅を下車。西側の出口を外へ出ます。そこを左手(南)に向かいます。
道路に突き当たったら、右(西)へ。出口町の交差点まで。
ガソリンスタンドの奧に、ニッショーさんの看板がみえます。そのもう少し奥に3階建のイナバビルがあり、その1階のオレンジの扉がこちらのお店。

ビル全景。向かって右にみえるのが駐車場です。お店の前は一台もしくは二台止まるかもしれませんが、出る時バックで国道で出るので、奧にある駐車場のがよいかと。
ビルの西側にあります。左奥は個人のものがありますので注意を。よく解らない場合はお店に聞いて下さいね。

美味しいものをリーズナブルに食べたい。この二つをかなえられるお店が「ラ・カパンニーナ」さん。いかがでしたか?

今回はおもに、平日(月~金)ランチのご紹介になりましたが、土日や夜も、美味しいラインナップがみなさんをお待ちしております。夜にはお酒とともに、どうぞ召し上がれ♪本物のパスタをゆっくり味わいたいお店です。

ああ、そうそう。人気店ゆえ、満席で残念ながら入れないということが、実はよくあります。予約可能なので、その方法でまずは。

以上、知多半島ナビでした。


名称ラ・カパンニーナ(La Capannina)
ひらがな読みら かぱんにーな
住所愛知県半田市出口町1-216-2 イナバビル1F
ホームページ
電話番号0569-23-3949
営業時間11:00~14:00(L.O13:30)/18:00~21:00(L.O21:30)
休日毎週水曜日 
駐車場
予算/料金について平日ランチ700円(+ドリンク200円、デザート400円、上質麺200円、大盛200円)
予算:夜 約2,000円
タグイタリアン | 人気店
行き方(詳細)電車の場合/名鉄河和線「住吉町駅」より徒歩約4分。
車の場合/知多半島道路「半田中央JCT」で出る。半田中央インター交差点を右折して、県道265号線に入る。「岩滑西町」交差点で斜め右に折れる。「柊町3丁目東」交差点を道なりに直進する。「出口町南」交差点を左折して国道247号線に入り、すぐの「出口町」交差点を左折して約80m。左手にある。
行き方名鉄河和線「住吉町駅」より徒歩約4分。
  • GoogleMap



ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

ehara ( 2015-04-08 11:02:29 )

やっぱりそういう店でしたね。ずっと気になっていました。早速行ってみます。







  • サイクリング
  • EDIT