ホーム > グルメ

鉢の木

本当の「ヒレ肉」の美味しさがわかるステーキ屋さん。

こんにちは、知多半島ナビです。美味しい肉が本来持っている味がしっかりわかるようなステーキをご紹介します。遠方からのリピーター、ファンが多いのも納得!

今日は、大人気の「ステーキランチ」からご覧にいれましょう。
「ヒレ肉」の美味しさに驚き!

100gのヒレ肉にポテトフライが添えられて目の前に!
この段階で香りが食欲を刺激してくるんです。 おまけに、音がたまらないんですよ。 
ジュージュー音と、香り、もちろん見た目と味、食感…五感全部に働きかけられて、もう我慢できません。

シンプルに塩コショウされた「ヒレ肉」の上にレモンの輪切りとバターがあしらわれています。
一口食べると、レモンの爽やかさがステーキにマッチしていました。
鉄板がアツアツになっているので、お好みの状態に火が通ったところでいただきます。


ただ「柔らかい」のではなく、肉の食感が適度に楽しめるステーキです。 もちろん素材の段階でスジや余計な脂肪などがしっかり下処理されているので、ナイフに引っかかるようなことはありません。
「肉の味」が楽しめるのは、味の濃いソースなどの誤魔化しが一切ないからでしょうか。まさに、「Symple is the best!」と言う言葉がぴったりです。
付け合せのポテトフライも、カリッと色良くあがっています。


美味しいお肉って、ご飯に合いますよね。 もちろん、ペロリ!でした。
サラダのドレッシングは自家製のもの。
これまた、少し懐かしいような定番のフレンチドレッシング。 

これが、大人気の「ステーキランチ」(100gで2,160円)です。 実際に食べた感想ですが、このクオリティーでこのお値段はかなりのお値打ちだと思いました。 「幸せな気持ちになる」ランチです。

食後には美味しいコーヒーが待っています。
ここまで、セットになっています。

この「ステーキランチ」、お肉を150gにすると3,240円です。また、限定10食ですが「ハンバーグランチ」(1,620円)もあります。 250gのハンバーグも魅力的なんですよ~でも、私はやはり「ステーキランチ」ですね。


ここで、このお肉の美味しさの秘密を探っちゃいましょう。
ついでにステーキと相性の良いお酒もご覧くださいね。

主役の牛肉は、こちらでは全て「ヒレ肉」なんです。
仕入れ時にはスジや脂肪がたくさん付いている状態のものを、丁寧に取り除いてこのような状態になります。

産地についても、北海道の牛が多いとか。日本中に牛肉の産地ってたくさんあるのですが、ヒレ肉をこれだけ仕入れるとなるとご苦労もあるようです。 
店舗の移転があったそうですが創業40年以上もの間、地元はもちろん、遠方からのリピーターに愛されてきた秘密はこのあたりにあるのでしょうか。


こちらも「ヒレ肉」なんですが、いわゆる「さし」と言われるような網目状の脂肪が見えますね。
メニュー上では「上ヒレ」として載っているのがこちらです。 もちろん、お好みは人それぞれ。 
次回はこちらをいただいてみたい!と思いました。


さて、いよいよ本日私の口に入るお肉です。
先程塊でお見せしたスジや余分な脂肪をキレイに取り除いたヒレ肉を100gにカットしたものです。美味しく焼きあがるのを待ちましょう。


ワインやお酒がしっかり温度管理されています。
肉には赤ワインのイメージですが、辛口白ワインも力強い肉の味にマッチしそうです。
日本酒もあります。これは、ご近所の「丸一酒造」さんの純米酒。ステーキと日本酒、いいですね。


さて、美味しそうなステーキの魅力は伝わったでしょうか。
ここで、店内の様子とお店の外観もご紹介。

ピンクのクロスが目を惹くテーブル席が並んでいます。 テーブルも6人、4人、2人と人数別に配置されていました。

どこか、レトロな雰囲気も感じられるのが不思議。


掘りごたつの席も4人×5席あります。
3席の部屋と2席の部屋の仕切りを外せば20名が入れる大きなお部屋の出来上がり。
少々の人数が揃っても大丈夫です。

ここで予約についてお知らせしておきましょう。
基本の営業時間は下記情報欄の通りなのですが、営業時間より早めに終了する場合があります。
予約のお電話を入れてから行くことをお勧めします。


シェフと親しくなると、こちらのカウンターで会話をしながらお食事を楽しむ方もいらっしゃるとか。 
窓の外は、四季の様子がよくわかるんです。今回は冬の景色でしたが、春になるときれいな色があちらこちらに散り始めます。秋のコスモス、彼岸花もキレイなんですよ。





お店の場所が幹線道路沿いではなく少し奥にあるので、ここで少し説明しておきます。

県道264号線の「野崎」交差点を半田方面から来ると左折、(阿久比方面から来ると右折)します。 農道のような道をしばらく進むと途中右手方向にオレンジのお店が見えてきます。(写真左)
そして、野崎交差点から約1Km程で信号のない変形の4差路まで来たら、(写真中)右手前の道へ進みます。 そのまま直進で到着します。 駐車場は10台以上ありました。



ごめんなさい! 最後にどうしてもご紹介したい一品を載せちゃいます。
ステーキが食べたくてお越しになるお客様の中でも、評判の「天然あわび酒蒸し」です。
なかなか立派なアワビでビックリしました。

「本日のおつまみ」にその日のおすすめおつまみが記載されます。
今日のメニューには、生ハムやスモークサーモン、帆立貝柱の塩焼き(またはバター焼き)やはまぐりの酒蒸しなどがありました。 お肉メインに、海鮮のおつまみって最高の贅沢ですね。

記念日やお祝い、大切な商談、そして頑張っている自分へのご褒美にちょこっと贅沢するのに最高なお店でした。
以上、知多半島ナビでした。



名称鉢の木
ひらがな読みはちのき
住所愛知県知多郡阿久比町大字植大字森後45-7
電話番号0569-48-2132
営業時間11:30~14:00(13:30 LO) 17:00~21:00(20:30 LO)
休日水曜日  
駐車場10台以上あります。
タグ洋食・西洋・外国料理 | 1人でもOK | カップル向け | 家族向け
行き方(詳細)車の場合/半田中央IC下車、右折して県道265号線を直進。「岩滑中町」交差点を左折、次に「野崎」交差点を左折。焼く1Km程進み、変形の4差路の右手前方向へ曲がると見えます。
電車の場合/名鉄河和線「阿久比」駅よりタクシーで約7分。
行き方電車の場合/名鉄河和線「阿久比」駅よりタクシーで約7分。
  • GoogleMap



ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

まだクチコミはありません。







  • サイクリング
  • EDIT