ホーム > グルメ

まるは食堂りんくう常滑店

知多半島最大の人気活魚料理・まるは食堂りんくう常滑店

こんにちは、ジャパンナビです。知多半島エリアや名古屋など「大エビフライ」で人気の活魚料理食堂・まるは食堂りんくう常滑店をご紹介します。カップルご家族から宴会まで大人気店です。全室から海上空港セントレアを眺望できる造りとなっています。直近に常滑の人気スポットりんくうビーチがあり、また目の前には、りんくう緑地南公園がありマリーナのクルーザーやセントレアを離発着する航空機も良く見えます。常滑には中部国際空港店と合わせ「まるは食堂」が2店舗あります。

まるは食堂りんくう常滑店の玄関側からの外観です。焼物の街常滑の角型煙突の中に漁師の網小屋があるイメージの特徴ある造りです。近くには人気スポットりんくうビーチがある常滑市の「りんくうエリア」の南西側海沿いに建っています。お食事のお部屋は建物の反対側にあり、全室から中部国際空港セントレアと伊勢湾が見えますよ。

まるは食堂りんくう常滑店のロケーションは高速ICや、りんくう常滑駅からもほど近くアクセスが良いのも特徴です。

電車の方は「りんくう常滑駅」降り写真右に見えるJホテル側へ出てください。
りんくう常滑駅のロータリーから道路へ出ると、西方にこんな感じで見えています。
お車の場合は、セントレアラインの「りんくうIC」を降りて、スグ高速高架下の信号を右折してください。
少し走ると鉄道高架下をくぐると、スグにりんくう常滑店の駐車場入口が左にあります。お車からはこんな感じで見えます。

りんくう常滑店の道向いには、りんくうビーチまで続くプロムナード(遊歩道)があります。
海越しに中部国際空港が見え、待ち時間に少し海を見てみるのもお勧めです。
遊歩道側からまるはを見るとこんな感じ。遊歩道のヤシの木が映る鏡張り全面がお食事をする各部屋の窓になります。

それでは海を見たところで、まるはりんくう常滑店へ入り、いっぱい食べましょう!

玄関を入ると正面にロービーがあり、大きなふぐ提灯が沢山ぶら下がるオブジェがあります。メニューボードの横には、地元知多半島のエビせんべいが並ぶワゴンもあります。

名物おばあさん、うめさんの等身大フィギュアがお出迎え。行商のような事から今のまるは食堂を築いたすごいお婆ちゃんなんです。
写真奥に見えるのがサービスカウンターで、左ガラス張りの小部屋は、喫煙室です。館内のお席は禁煙です。
地元知多半島の海、伊勢湾と三河湾で獲れる魚のイラストカレンダーもありますよ。

先ずはロービーにある受付発券機で順番チケットを取ります。取材者の私は午後2時頃入ったので、お昼のお客様が73組あったと言うことですね。
私が通されたお部屋は、1階のBOXタイプのテーブル席。窓越しに中部国際空港と連絡橋が、そして道向い遊歩道のヤシの木が見えます。

お待ちかねの平日限定ランチメニューにある、りんくう常滑店オリジナル「まるは巻き定食」1350円と、これもりんくう常滑店オリジナルの「海鮮サラダ」(小)を頼みました。太巻きのエビは、まるは食堂全店で人気の「大エビフライ」が1尾巻かれています。

大えびフライが1尾ですから結構なボリューム!
海鮮サラダにはまぐろ刺しや、タコのスライス、TOPにはしらす(ちりめんじゃこ)が乗ってこちらもボリューム満点。

どうですか!このボリューム。お箸で掴むのは正直大変なので、手でとって食べるのがお勧めです。巻いてある海苔は、このりんくう常滑店から北へ少し行った「鬼崎・おにざき」で獲れる最高級の上質な海苔を使ってます。エビの身はそれこそ、プッリプリでまさに磯の風味で美味しーいです。

サラダは黒コショウのドレッシングをかけて、だいこんと絡む各種海鮮の旨味を引き立てています。
たこのスライスにちりめんじゃこと大根。さっぱりとして良く合いますね。
お造りは、今日はハマチでした。しっかりとした身は館内調理場横にある大水槽で活かされているハマチだからですね。
完食!お腹一杯、満足一杯の感じにしてみました。ごちそうさまでした。

この時の「平日限定お昼の定食」メニューです。まるはでは料金は全て税込価格の表示になります。
(※料金とメニューは変動する場合があります)
当日のおすすめ一品料理メニュー。私が頼んだ海鮮サラダは小ですが、お二人以上なら大がお勧めです。

お腹が一杯になったので、各階のお部屋を回りご案内します。

1階のお部屋への廊下はロビーから入ります。右には水が流れる壁、左には上下2段の水槽があり、その先には厨房が見えるようになっています。
廊下を進み振り返ると玄関の「うめお婆さん」のフィギュアが見えます。
2段の水槽には、真鯛とヒラメが泳いでいます。この水槽だけでもお子様が喜ばれると思いますよ。
その奥には、おもにハマチが泳いでいる生簀(いけす)があります。

水の壁のテーブル席です。涼しげな感じがいいですよ。
左の席から続く窓側のテーブル席です。明るい感じのお席になります。
取材者が通されたお部屋はBOX席タイプで、各席に仕切りがあるプライベートが保たれるお部屋になっています。

1階の各部屋へ通る廊下に、キューピーちゃんがあしらわれたフラワーベースが。大えびフライなどにかけるタルタルソースが、まるはオリジナルとしてキューピードレッシングさんで造られているご縁があるそうです。

ここからは2階のお部屋のご案内で、全室畳の和室になります。廊下前には知多半島の南知多豊浜(とよはま)地区で毎年夏に開催される「鯛まつり」の切り絵が掲げてあります。まるは食堂発祥の地区です。
各お部屋には知多半島にある5市5町の名が付けられていて、このお部屋は「南知多」です。
各部屋共に陽光が入り明るいお部屋です。
ちなみに3階には、大人数様向けの宴会場があります。
2階のエントランス窓から見えるのは、りんくう常滑駅と、Jホテルと結婚式場です。

まるは食堂りんくう常滑店はいかがでしたか。地元では「まるは」と呼ばれ知多半島の方なら一度は行ったことのある大人気の活き魚料理食堂です。予約も結構早くから埋まります。りんくう常滑店ではお正月お盆、宴会季節の予約が既にほぼ一杯とか。1年前からの予約がOKですのでお早目の予約をお勧めします。また平日のランチタイムは15分~30分待ちが通常のようですよ。とにかく食べて欲しい「大えびフライ」、そして食堂と名が付くようにとにかくシンプルなメニュー構成でお席に着いたお客様に手早く新鮮な海の幸を出すのが真髄です。

皆様、ぜひ一度は常滑の「まるは りんくう常滑店」へ。

以上、知多半島ナビでした。

名称まるは食堂りんくう常滑店
ひらがな読みまるはしょくどうりんくうとこなめてん
住所愛知県常滑市りんくう町3-9-5
ホームページhttp://www.maruha-net.co.jp/tenpo/tokoname/
電話番号0569-38-8108
FAX0569-38-8111
予算(ランチ)1,350円
予算(ディナー)2,160円
営業時間平日 11:00~15:00(LO 14:30) 17:00~22:00(LO 21:00)※2部制  土日・祝日 11:00~22:00(LO 21:00)※通し営業
休日無休 
駐車場60台(店舗前) 無料
予算/料金について予算価格は最低価格 ディナー予算はコース料金 利用可能カードは要確認
タグシービュー | | ご当地名物 | 和食 | 海鮮料理 | 人気店 | 家族向け
行き方(詳細)電車の場合:名古屋鉄道新名古屋駅より準急中部国際空港行き・常滑行き乗車。りんくう常滑駅下車(約45分)、西方(中部国際空港方面)へ徒歩約5分。(通過列車あり要確認)
車の場合:名古屋高速大高ICより知多半島道路へ、半田中央JCよりセントレアラインで空港方面へ、りんくうIC降りスグ右折直進。鉄道高架超えてスグ左側。(大高ICより約30分・道路事情により変動)
  • GoogleMap



ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

まだクチコミはありません。







  • サイクリング
  • EDIT