ホーム > グルメ

晴レル屋

「つけ麺」「油そば」など、ラーメンの新しい形を提案し続ける人気店!

こんにちは、知多半島ナビです。今日ご紹介するお店は、行列ができるお店としてテレビや雑誌にも何度も紹介されてきた「つけ麺」のパイオニアです。今では「つけ麺」もポピュラーになってきましたが、開店当時は知らない方も多かったそうです。人気の秘密をご覧ください。

「つけ麺」を食べたことありますか? まずは、大人気の「つけ麺」をご覧に入れましょう。


見てください! このボリューム!! 写真左はモチモチで太目の麺の上に自家製トロトロチャーシューがたっぷり3枚と半熟の絶品煮タマゴ、肉厚のメンマ、山盛りのネギ、そしてパリパリの海苔がこれまた3枚も乗った贅沢な麺と具です。実はこちら「全部のせ」という贅沢メニュー。(350円で具がこんなに沢山。お値打ちですよ。) もちろん、大人気商品です。折角来たのですから贅沢しちゃいましょう。
そして、右のスープ。魚介の香りがほんのりする豚骨スープです。女性やお子様でもペロリと食べられるのはこのダブルのおダシのおかげでしょうか? コクがありながら、さっぱりいただけました。


煮タマゴを割ってみると、黄身がトロ~リ半熟具合が絶妙。
メンマも肉厚で歯触りが良い食べごたえのあるものです。こんなに肉厚なのに柔らかい。
しかも味がしっかりしています。
箸で持ち上げようとしただけで、ホロホロとなるチャーシューは絶品。口に入れると溶けちゃいました。

チャーシューを麺の上に乗せる前に火で炙るのですが、この香りがたまらないんです。 焼肉のような、香ばしさ…食欲を刺激する香りです。 この絶品チャーシューや半熟の味付煮タマゴなども、もちろん自家製。 どの具材も研究されてこのお味にたどり着いたのでしょう。 ラーメン、つけ麺などの付け合せ的なものだと思っていると驚いちゃいます。

では、次に麺の美味しさをご紹介しましょう。
濃厚なスープによく合うようにこちらも試行錯誤の末に太目のモチモチとした麺にたどり着いたようです。


湯気が沸き立つ中で麺が茹でられます。
ぬめりを取るためにしっかり水の中でもまれます。
さて、ぬめりが取れて引き上げられますよ~。
美味しそうに光っている麺の出来上がり!

麺のパートナーと言うべきスープは、3日間かけてやっと完成するそうです。

2日間煮込んで、仕上げの鍋に移されます。
手間暇がかかっていますね。

こうして出来上がった美味しいスープ…つけ麺業界ではすでに常識となった「シメの雑炊」にも使われます。
なんと、驚いたことに「シメの雑炊」はこちらのお店が元祖。

これだけ美味しいスープなら「雑炊」楽しみです。


これが、「元祖シメの雑炊」。 先ほど頂いたつけ麺のスープを薄めて雑炊を作ってくれます。
ご飯がしっかりスープの味を吸っています。 麺を食べてお腹いっぱいだったはずなのに…全部平らげてしましました。

さて、他にはどのようなメニューがあるのでしょうか。どれも美味しそうで迷ってしまいそう…。
お持ち帰りもできるんです。

こちらが新メニューの「油そば」(600円)。社長さん曰く、「これからは油そばが絶対流行る…。」そうですよ。スープなしのラーメンといった感じですが、とにかく一度食べてみましょう。
これは何でしょうか?「みそDEカリー」というカレー味のつけ麺です。(850円) アイデア物です。
こちらは辛いものがお好きな方にお勧めの「赤つけ 辛みそ味」(800円)です。 ピリリがたまらない。
普通にラーメンもありました。 塩ラーメン、美味しそう!!

一人前のお持ち帰りセットです。麺は200gとたっぷり。
スープの中にメンマと角切りチャーシューが入っています。
つけ麺のお持ち帰りが欲しい方は、券売機で「つけ麺」を選んで券を買って渡してくださいね。

ここでちょっと予算のお知らせをします。
基本のつけ麺(750円)に各種トッピングを選んで乗せてみましょう。トッピングの種類も結構あります。
半熟味付玉子、ネギ大目、海苔大目は各100円とお値打ち。 メンマ大目は150円。 今日、私が食べた「全部のせ」は350円です。 そのほか、麺の大盛りや替え玉は100円です。

おつまみで餃子やチャーシューもあるので、麺を待っている間にどうぞ。(どちらも350円です。)
ビールと一緒に…たまらないですね。



無駄のない動きで次々に仕上がっていきます。 ワクワクして、カウンター越しにじっと見てしまいました。



さて、このお店が何故こんなにも大人気店になったのか秘密を探りたくなりました。
幾つかある中の一つには、店員さんのお人柄もあるでしょう。女性の笑顔はもちろんお店の看板ですが、男性の皆さんも気持ちの良い対応をしていただきました。

そして、何と言っても店主さんのポリシーが来店する人々にも伝わるのでしょうか、「自分が食べてみて美味しいと感じるものしか店で出さない!」とキッパリ。
もともと、ラーメン好きが高じて自分で美味しいと思う麺を追求した先に今があるということなので、噂のお店になるのも納得ですね。
「一度しかない人生、やってみよう!!と思って…。」と語る姿も素敵でした。
もちろん、今でも日々美味しいものを研究していらっしゃいます。 いずれ、私たちの口に入る日をお楽しみに…。


お店の様子です。仲良しの「晴レル屋ファミリー」も紹介しちゃいます。

外から見たらこんな感じ。行列ができても椅子が設置されているという心遣いが嬉しい。
国道155線沿いなのでわかりやすく、見晴しが良いので出入りもしやすいです。
ロードバイクスタンドが設置されています。大府を走っていて、お腹がすいたら是非!どうぞ。


中に入るとまず、この食券の販売機でご自分の食べたいメニューを選びます。
店内には有名人のサイン色紙が所狭しと貼られていて、たとえ待ち時間があっても見渡しているうちに時間がたちます。
中には、ラーメン王や食通で有名な方のサインもありました。
座席数は10席のカウンターです。


「晴レル屋ファミリー」の皆さんです。
チームワークがよく、居心地がとても良い!

開店後10年足らずの間にこちらの本店以外にも直営店が五店、その他プロデュ―スしているお店が何店もできました。 お店のホームページ(ブログ)をご覧になってみてください。もしかしたら、お近くにお店があるかもしれませんね。

ラーメン好き、つけ麺好きなら是非一度足を運んでみてください。
以上、知多半島ナビでした。


名称晴レル屋
ひらがな読みはれるや
住所愛知県大府市月見町1丁目297番地 メゾンパラディー大府1階-D
ホームページhttp://hare-gr.seesaa.net
電話番号0562-47-5432
予算(ランチ)750円
営業時間昼/11:30~14:00 夜/18:30~22:00
休日年中無休 
駐車場24台
タグラーメン・そば・うどん | 1人でもOK | 21時以降OK | 人気店
行き方(詳細)車の場合/知多半島道路大府東海IC下車、国道155線を大府市街方面へ右折。「大府高校北」交差点を過ぎて跨線橋左手前にあります。
電車の場合/JR大府駅から大府駅を西方面へ徒歩5分。
行き方車の場合/知多半島道路大府東海IC下車、国道155線を大府市街方面へ右折。「大府高校北」交差点を過ぎて跨線橋左手前にあり。
  • GoogleMap



ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

まだクチコミはありません。







  • サイクリング
  • EDIT