ホーム > グルメ

餃子の三七福

昔ながらの、懐かしい味。餃子は、なんと10個で350円!!

こんにちは、知多半島ナビです。今回は半田運河の近く、お酒や酢の醸造が盛んだった地域に愛されている一口餃子を紹介します。 創業昭和40年。今の店に移転して40年。昭和の時代を感じさせるこお店は、値段もメニューもほとんど変わらぬまま。とにかく、値段が安い!だから和気あいあいの笑顔で賑やかです。 焼きそばは、ワンコインの500円。餃子は、一人前前350円(特別サイズ10個で500円。これは、数に限りがあるので欲しい方は、電話予約したほうがいいかもです。

少ない日で1日約2,000個作られる餃子がきれいにトレイに並べられています。
野菜も、たっぷり入って甘くて美味しい。生でも焼きでもお持ち帰り注文が出来ます。(10時より、生でも焼きでもできます。事前に電話注文が便利です。)
これで、10個で350円は安すぎる!


フライパンで、焼きそばも餃子も焼いているので、フライパンの数は、なんと6個。
それを、こまめに気を使いながら上手に使いこなしてます。


店内は昭和を感じさせてくれます。年季の入ったメニュー、どれも、お財布にやさしいお値段です。


大将は、ファックスや携帯も要らないと言う頑固な面もある、照れ屋さん。
ご主人の、お父さんの後を継いで二代目です。




なぜ、焼きそばと餃子の組み合わせなのか?と聞いたら、ただ先代がやっていたから。とそのままを一番こだわっているのかもしれない。
焼きそばは、豚ミンチを使っているので、麺に絡み付く感じ。麺も平打ちの細麺で歯ごたえのある固さとそれが、とてもおいしいです。是非、食べてみてください。夕方からは、会社帰りのサラリーマンや電話注文をしたお客さんで一杯です。
席は、カウンター席が20席。テーブル席は4人掛けが3つあります。


5センチ位の一口のサイズ。何個でも食べてしまいそう。

あっさりしていて、旨味が後からくる感じ。やみつきになりそう。

餃子にはやっぱりビールが良く合います。
野菜いため400円。ボリューム満点のシャキシャキの野菜に程よい塩がきいています。

ねぎま3本350円。ボリュームがあってこの値段。
にらいため400円。つやつやのにらと豚肉の相性ぴったり。

これで餃子2人前700円とにらいため400円生中ビール650円トータル1,750円ととてもお値打ち。
店内の注文やお持ち帰りの注文で大忙しの厨房。



お持ち帰り用には、このように包装してくれます。
写真は3人前の焼きです。餃子のタレとにんにく七味も入っています。焼かずに生でもお持ち帰り出来ます。

JR半田駅近くの観光スポットが点在するところにあります。

本町7丁目交差点がお店の前から見えます。交差点左のビルは、半田商工会議所です。奥にはJRの踏切があります。


お店を東に行くと、酒の文化館へすぐです。写は中埜酒造株式会社です。ここで日本酒が造られています。

お店の外観。
店の前のポップにもお持ち帰りが書いてあります。

お店の前にある駐車場。10台駐車可能です。
地元で愛されている人気の餃子でした。ぜひ、一口餃子の味をあなたの舌で確かめてください。以上、知多半島ナビでした


名称餃子の三七福
ひらがな読みぎょうざのみなふく
住所愛知県半田市東本町2-10
ホームページhttp://aichi.j47.jp/minafuku/
電話番号0569-21-2002
予算(ディナー)2円
営業時間16:00~21:00(テイクアウトは10:00より)売切れ次第閉店
休日月曜日、月に不定休で2回は火曜休み 
駐車場10台
タグ名鉄・JR | | ご当地名物 | チープ系 | 1人でもOK | 人気店 | 家族向け
行き方(詳細)電車の場合/JR武豊線半田駅より約徒歩10分。
車の場合/知多半島道路半田中央ICを降りて右折、国道265号線へ、住吉町2丁目信号右折。住吉町5丁目交差点左折、本町1丁目交差点右折、本町7丁目交差点を左折すぐ。
行き方JR武豊線半田駅より徒歩約10分
  • GoogleMap



ゲスト さん クチコミを書いてみませんか?

クチコミを書くには、こちらから会員登録が必要です。



みんなのクチコミ

まだクチコミはありません。







  • サイクリング
  • EDIT